目の下のたるみ研究室
目の下のたるみ研究室 » セオリークリニック » セオリークリニック院長「筒井裕介」医師

セオリークリニック院長「筒井裕介」医師

更新日:

目の下のたるみ治療に専念してきた医師。
患者さんのことを第一に考え、綿密なカウンセリングをもとに、1人ひとりにあったオーダーメイド治療を提案する。常に新しい治療法や技術の導入のための勉強は惜しまず、施術への準備に余念はない。
「感動を分かち合えるクリニック」をテーマに、治療の結果で感動を与えることをモットーに日々施術に向き合う。また、「信頼」を得るために、カウンセリングから施術、アフターケアまで責任をもって筒井院長が担当。結果がすべての美容医療で成果を出し続けるために、治療結果を振り返り不断の努力を続ける情熱ある姿勢は、患者さんだけでなくスタッフからも広く支持されている。

所属学会

日本美容外科専門医(日本美容外科学会/JSAS)
日本形成外科学会 会員
日本美容外科学会 会員
日本美容皮膚科学会 会員
日本臨床抗老化医学会 会員
サーマクール認定医(米国・Thermage社)
日本再生医療学会 会員

経歴

2003年3月 順天堂大学医学部卒業

順天堂大学の形成外科助手を経てオザキクリニックに勤務

2009年12月セオリークリニック開業

たるみ治療を専門に扱い、フェザーリフト(スレッドリフト)や目の周囲の手術を得意とする。今もなお、たるみ治療の研鑽を積む。

topics:セオリークリニック

この記事のURLをコピーする

この記事を書いた人

アイコン
目の下のたるみ研究室 ヘルスケア編集部 Twitter    たるみが解消され、その先にある「キレイになりたい」「美しさを保ちたい」という願いが叶うよう、本サイトの情報が少しでもみなさんのお役に立つことができれば幸いです。
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
相談はこちら