【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » お悩み解決・若見えプロジェクト 目の下のたるみ治療体験レポ

目指せ-10歳!若見えプロジェクト
目の下のたるみ治療体験レポート

実年齢よりも老けこんでいるように見えてしまう目の下のクマやくすみ、たるみの治療を受けた方へインタビューを行ないました。性別や年齢も異なる4名のインタビュー内容を動画も交えて紹介しています。

目の下の治療を受けた方の体験レポート

目元が与える印象を良くするための治療に興味はあるけど、なかなか1歩が踏み出せない…そんな方も多いのではないでしょうか。目の下の治療で不安を抱いている方は、体験レポートを参考にすると良いでしょう。ここでは治療への1歩を踏み出せるように、セオリークリニックの筒井先生の協力のもと、目の下の治療を受けた方へインタビューを決行。

「どのような悩みを抱えているのか」「なぜ治療に踏み切ったのか」「術後はどうなったのか」など、治療を受けるうえで気になる質問に答えてもらいました。

インタビューを行なったのは、年代も性別も異なる4名の男女。目の下のクマやくすみ、たるみの治療を受けたあとの感想、術後の変化やメンタル面の変化、さらに気になるビフォア・アフターの写真などを盛り込んで体験レポートを作成しました。動画インタビューで語っている内容とテキストはほぼ同じものですが、画像だけでなく動画で見ることで、よりリアルな患者さんたちの表情や本音が確認できるはずです。

クマのコンプレックスがなくなりお化粧が楽しい!

セオリークリニックの目の下のたるみ治療体験レポート(田辺亜理紗さん)

なんと小学生の頃からクマに悩んできたという亜理紗さん。成長と共にクマのコンプレックスが強くなり、いろいろなコンシーラーでクマ対策をしてきたそうです。

そんな亜理紗さんがなぜ美容クリニックで治療を受けようと思ったのか、また術後にどのような変化があったのか、クマ治療の体験についてレポートしました。

田辺亜理紗さん・33歳

▶ 亜理紗さんの目の下のたるみ治療レポを見る

初対面の人に10歳も若く見られてうれしかった

セオリークリニックの目の下のたるみ治療体験レポート(熊倉剛志さん)

実際の年齢よりも上に見られることが多かった剛志さん、クマがふくらんできたのが32歳の頃。女性と違ってお化粧ができなかったので、毎朝鏡を見て落ち込んでいたとか。

老け顔から解放された剛志さんは「自分磨きスイッチ」が入ったそうですが、クマとたるみが改善され、その後の生活がどうなったのかについてお話しをうかがいました。

熊倉剛志さん・39歳

▶ 剛志さんの目の下のたるみ治療レポを見る

こんなにも前向きな気持ちになるのかと驚いている

セオリークリニックの目の下のたるみ治療体験レポート(長谷川華絵さん)

ピアノ教室の講師をしながら演奏のお仕事もされているという華絵さん。人前に出ることが多いため、目の下のクマやたるみがコンプレックスだったといいます。

術後はかなり腫れが出てしまったようですが、暗い目元で疲れた印象を与えてしまっていた悩みは解決したのでしょうか。ご主人の反応を含め、術前・術後の変化を教えていただきます。

長谷川華絵さん・36歳

▶ 華絵さんの目の下のたるみ治療レポを見る

ヒアルロン酸を入れずに最初からクマの手術をすべきだった

セオリークリニックの目の下のたるみ治療体験レポート(近藤雪乃さん)

若い頃はクマの悩みもなかったそうですが、45歳のときに目の下のふくらみが気になるようになり、日増しに大きくなっていく気がしたという雪乃さん。

段差をなくすためにヒアルロン酸を入れたそうですが、半年くらいで元に戻ってしまったとか。手術を決断するまで2ヵ月くらいかかった雪乃さん、手術を受けてみた本音を語っていただきました。

近藤雪乃さん・52歳

▶ 雪乃さんの目の下のたるみ治療レポを見る

実際にクマ・たるみを治療しないとわからないこと

目元は年齢が出やすいパーツです。睡眠不足や疲れからクマやくすみができてしまったり、年齢によってたるみが出てしまったりすると、一気に老け込んだ印象を与えてしまいます。

クマやくすみはコンシーラーで隠して、たるみはセルフケアで良くしていけばいいか…と、考えている方も少なくないでしょう。ですが、セルフケアには限界があります。十分ではないケアで満足してしまうと、悪化させる可能性があるので注意が必要です。

目の下のケアは手間も時間もかかる

目の下は顔の神経が集まっているため、ストレスや疲れの影響を受けやすいと言われています。ストレスや疲れが溜ると、クマやくすみとなって表面に表れてしまうので、普段からセルフケアを行なうことが大切です。ですが、目の下はデリケートなためセルフケアが難しく、上手くいっても現状維持が望める程度。クマやくすみをなくして、元のキレイな目の下に戻すには、相当な手間と時間がかかります。効率良く効果的にケアを行なうなら、プロの力を借りるのが良いでしょう。

クリニックでは目の下の治療を行なう前に、まずは原因を探っていきます。クマといっても黒クマや赤クマと原因と症状によって治療方法が変わるため、まずは丁寧にカウンセリングが行なわれます。症状を確認した後、一人ひとりにあった治療を提案。セルフケアではわからなかった部分をクリアにすることで、より効果的な治療を受けることができます。

「気になるけど、治療を受けるほどでも…」と思われる方もいるかもしれません。治療を受ける際に一つ気を付けたいのは、ひどくなった状態でクリニックの治療を受ける場合と、悪化予防のために早い段階で治療を受ける場合では、効果が違ってくる点です。

早期治療を行なうと、進行をより抑えることができるので、明るい目元を保つことができます。現時点で目の下が気になるなら、早めに治療を受けたほうが良いかもしれません。

当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する