【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~ » たるみしわ

たるみしわ

目の下のたるみしわタイプとは?

ここでは、目の下のたるみタイプの中で「目の下のたるみしわタイプ」についてご紹介します。

目の下のたるみしわタイプはこんな症状

目の下のたるみしわタイプの人は、例えばこんな方です。

目の下のシワは、一気に「老けた」印象を持たれるため、見た目に影響を与えます。

もともと目の周りの皮膚は、他の身体の部位よりも薄く、紫外線による外部からの刺激を受けやすいため、シワになりやすいのです。

「たるみしわタイプ」は、加齢による眼輪筋の衰えや眼窩脂肪の突出によって、皮膚が垂れ下がる「たるみ」と、乾燥や肌の保湿成分コラーゲンの減少などで肌のハリが失われ「シワ」になる症状が合わさったものになります。

目の下のたるみしわタイプの原因

目の下にしわやたるみができる原因には、大きく分けて3つあります。

加齢により肌の弾力がなくなってきたこと、皮下脂肪が肥大し重力の影響で垂れ下がること、筋肉が衰えてきたことです。

それ以外でも外的要因がたるみやシワを引き起こしている場合もあります。

次のようなことが考えられるため、さっそく見ていきましょう。

乾燥

肌は水分を常に蒸散させています。外気の湿度が下がる冬場などは、お肌の角質の水分蒸散量も増え、乾燥を引き起こしてしまいます。

表皮の保湿力が低下すると新陳代謝も乱れて肌のハリが失われてしまいます。

また、アイメイクを落とすときに、汚れが落としづらくゴシゴシこすりがちに。目の周りの皮膚に負担をかけて乾燥させてしまいます。

また洗浄力の高いオイルクレンジングの使用や洗いすぎで、肌に必要な潤いまで奪ってしまい、シワになりやすい状態です。

これは、よく目をこする癖がある人にも同じことが言えます。

目の疲れ

PCやスマホによる目の疲れも原因のひとつです。

PCやスマホから発生されるブルーライトを浴びると眼精疲労がたまりやすく、目のシワやたるみを引き起こします。

紫外線

目の周りの皮膚は薄く、皮脂分泌も少ないので、外部からの刺激を受けやすくなります。

紫外線は真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを破壊してしまいハリを失わせます。

紫外線対策をしないでいると目元の乾燥が進み、目のシワやたるみにつながります。

セルフマッサージやエクササイズで、たるみしわタイプは改善できる?

たるみしわタイプの人は、シワができやすい原因があります。例えば、乾燥肌の人、クレンジングやスキンケアでゴシゴシこする人、紫外線対策を怠っている人が挙げられます。マッサージでは、つい力任せにグイグイ押したり引っ張ったりをしがちで、肌を傷つけてしまいます。

加えて乾燥肌の人は指の滑りが悪いため、シワを悪化させてしまいます。紫外線対策を怠っている人も肌のダメージが進みハリや弾力を失っている状態なので、よりシワが深くなる要因になりオススメはできません。

一方エクササイズは、眼輪筋を鍛えることで、たるみの原因の一つである眼窩脂肪の突出を押さえ込む効果が期待できます。皮膚の曲げ伸ばしによる運動で深いシワになるという説もありますが、眼輪筋である表情筋を鍛えることで皮膚が垂れるのを防ぐためシワ予防につながるといえるでしょう。

ただし、エクササイズは毎日継続的に続けることが大切です。さらに、効果が出るまでには最低1カ月はかかるとみておきましょう。もし、1カ月経過しても改善の余地がなかった場合、眼窩脂肪の突出が大きいことや、加齢によるたるみが進んでいるといえます。

なかなか改善が難しい場合は、クリニックでの治療を考えてみましょう。そこで、クリニックではどんな治療があるのか、たるみ取りとシワ改善の両方できる施術がないか調べてみました。

たるみしわタイプの治療法

「たるみしわタイプ」の人は、たるみとともにシワを改善する治療法が必要です。

たるみやシワには肌のハリが必要なので、皮膚の真皮層にあるコラーゲンを増やし、しっかり水分量を保つ状態にすることが理想です。

脱脂術でたるみを取り、レーザー治療でシワを改善する方法があります。

それでは、治療法について見ていきましょう。

美容注射

脱脂術で採取した眼窩脂肪を、目の下に注入していきます。

脂肪は生着しやすいように処理をすることで、半永久的にその場にとどまり、目の下の凹みの改善や、目の下から頬にかけてフラットで美しいカーブを描いた状態になります。

処理で濃縮された自己の脂肪には、コラーゲンやエラスチンをつくる細胞が含まれているため、注入することで肌のハリや深いシワも改善できる効果があります。

自分の細胞のためアレルギー反応も起こす心配もありません

レーザー治療

目の下のシワ取りレーザー治療がオススメです。

シワ取りは皮膚を切って縫う外科手術が必要と思われがちですが、切らないでできる施術があります。

レーザーを照射することで、赤外線の作用でコラーゲンを増やす効果と、皮膚の蒸散作用で皮膚を縮める効果と熱変性作用でシワの改善、これを一度に行えます。

ポイントは、真皮層にレーザーの熱エネルギーを加えることで肌の弾力成分であるコラーゲンの生成を促します。

刺激を与えること皮膚の引き締めと肌の活性化が期待できるのです。

手術

目の下のたるみで一番多い原因である、眼窩脂肪のふくらみ。これを脱脂術で取っていきましょう。

切らないで施術できる脱脂術が人気で、術後の腫れも少ないためダウンタイムもほとんどありません。

下まぶた裏の結膜部分を数ミリ切開し、眼窩脂肪を取り除きます。皮膚を切らないため傷口も目立ちません。

結膜部分は血液量が多いので、メスを使うよりも高周波レーザーメスで出血がない切開方法が理想的です。

「たるみシワ」タイプの人は、シワも目立つため、脱脂術にプラスして、脂肪注入、シワ取りの施術を組み合わせるのが良いでしょう。

効果の持続性

「たるみしわタイプ」の治療法が分かったところで、気になる持続性はどうなのでしょうか。

それぞれの治療法の持続性について見ていきましょう。

美容注射

脱脂術プラスの施術になります。脱脂術で無駄な脂肪をしっかり処理した後に、しかるべき位置に脂肪を注入して、凹みをなくす施術を行うと、効果は10年程度持続します。

レーザー治療

治療ペースは、目安として2か月に1回程度2~5回程度は治療の必要があります。

手術

脱脂術で、目の下のたるみの元凶である眼窩脂肪を取り除くため、効果は長く続きます。10年程度持続するようです。

これからも加齢とともに肌は変化し、皮膚のたるみや脂肪の具合も変わってくるので、また気になるようなら、10年以降に施術可能です。

料金相場

施術するクリニックによっても料金は変わってきます。

調査しておおよその目安料金はこのくらいという算出をしました。

それぞれの治療料金の相場として参考にしてみてください。

美容注射

脱脂術(目の下の脂肪除去)+脂肪注入20万円~40万円が相場のようです。

レーザー治療

目の下1回3万円~4万円が相場のようです。

手術

目の下のたるみには、クマやシワといった複合的な悩みが合わさっているので、脱脂術のみではなく、脂肪注入治療も合わせる場合がほとんどです。

脱脂術(目の下の脂肪除去)+脂肪注入20万円~40万円が相場のようです。

治療後のダウンタイム

それぞれのダウンタイムについてご紹介します。

美容注射

脱脂術+脂肪注射の施術として、ダウンタイムは、わずかな腫れが2~3日程度続くようです。

レーザー治療

術後は、赤く腫れてしまいます。3日間は目立つと思っておきましょう。

レーザーを照射直後は、白い水玉模様のような状態の痕があります。

手術

2~3日程度、軽い痛みがあり、中には違和感を感じる人がいて3~5日程度で収まります。1週間程度と見ておくといいでしょう。

また軽度の腫れや内出血が現れることもありますが、1~2週間程度でなくなります。

腫れを抑える薬の処方も医師の診断結果次第であります。

痛みの度合いは?

痛みによる目安はどんなものでしょうか?それぞれの治療法の痛み度合いをご紹介します。

美容注射
脱脂術+脂肪注射の治療として、2~3日程度、軽い痛みがあり、場合により違和感が3~5日程度あります。

レーザー治療
赤い腫れや、軽度の痛みがあります。1週間ほどで、目の下の赤みは目立たなくなってきます。

手術
痛みは個人差があることですが、手術のため軽い痛みが出る場合があります。2~3日程度、軽い痛みがあり、場合により違和感が3~5日程度あります。術度痛み止めの処方も可能です。また麻酔もあり、点眼麻酔、笑気麻酔、局所麻酔などがあるようです。

施術時間

施術時間については下記のとおりです。その人の肌質や、施術部位によってか変わってくるので、あくまで目安とお考え下さい。

美容注射
脱脂術+脂肪注射の治療として、おおよそ2時間程度のようです。

レーザー治療
照射時間は数分~10分程度。カウンセリングから施術までを考えてトータル1時間程度と見ておくと良いでしょう。洗顔やメイクは当日から可能です。

手術
おおよそ2時間程度のようです。シャワーは当日から、入浴は1週間後から可能です。アイメイクは3日後から、コンタクトレンズの着用は1週間後から可能です。

目の下のたるみ治療の名医:筒井裕介先生のコメント

目の下のたるみシワの治療は、なかなか改善しにくい傾向にあります。

皮膚がかなり垂れ下がっている状態なので、しっかり改善するのは切る手術を選択しなければなりません。

そのため、できるだけたるみシワタイプにならないように予防することが重要になります。

たるみ研究室まとめ

たるみしわタイプの人は、加齢とともにシワも増えてくるので悩みますよね。とくに40代に入ると深いシワも目立ち始めるので、一気に老けた印象に見られてしまいます。なるべく早めに治療するのがオススメです。

シワには浅いシワ、深いシワがあり、特に目元は「ちりめんジワ」とも呼ばれる細かいシワが複数出てくることが多いです。肌表面に出ているシワなので、まだ初期段階のシワといえます。真皮層に達したシワは、目尻やおでこに深く刻まれたシワになります。これは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといった肌のハリ成分が減少することで起こります。こうなると、化粧品やエクササイズでは太刀打ちできないので、クリニックでの治療が必要になってきます。

クリニックでの治療は、目の下のたるみを取る脱脂術を行い、目の下の凹凸をなくす脂肪注入治療と真皮層に働きかけ深いシワにも効果があるレーザー治療を併用すると良いでしょう。

クリニックでの施術は、ちょっと敷居が高く感じるといった声も聞かれます。ですが実際にクリニックに行った人の声を聞いてみると、「思ったより入りやすい院内でプライバシーにもしっかり配慮された造りになっていた」、「スタッフの方も気さくで雰囲気も明るくて良かった」、「医師がしっかり悩みを聞いてくれて信頼できた」といった声が上がってきます。

ここで重要なのはやはり医師の腕と、仕上がりのイメージが共有できるカウンセリング力です。そこで、実際どんな施術をしているのか、患者さんとどんなやり取りをしているのか、皆さんが気になることをたるみ研究室で聞いてきました!たるみ治療の舞台裏を知りたい方は是非こちらをご覧ください。

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する