【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~ » 皮膚のたるみ

皮膚のたるみ

目の下の皮膚のたるみタイプとは?

ここでは、目の下のたるみタイプの中で「皮膚のたるみタイプ」についてご紹介します。

皮膚のたるみタイプはこんな症状

「皮膚のたるみタイプ」の人は、例えばこんな方です。

肌にハリがなく、顔全体の皮膚が垂れ下がって目立ち、老いた印象を与えます。目の下のたるみの進行具合はかなり大きいです。

目の下だけでなく、口元のしわ、首のたるみ、毛穴がたるむといった症状に悩んでいる方は「皮膚のたるみ」タイプといえます。

肌のハリが少なくなった、目尻にシワが出てきた、というときはたるむ前兆です。

皮膚は伸びたり縮んだりする性質を持っていますが、加齢とともに皮膚が下がりつづけ、たるんでしまった皮膚は元に戻らないため、リフトアップが必要になります。

皮膚のたるみタイプの原因

「皮膚のたるみタイプ」の一番の要因は、お肌のハリ成分コラーゲンなどが減少してしまい、皮膚の真皮層が伸びてたるんでしまったことです。

それ以外でもさまざまな原因がありますので、さっそく見ていきましょう。

肌の弾力が減る

加齢によって、お肌のハリや弾力を保つ働きが衰えてしまいます。

皮膚の真皮層では、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌のハリや潤いを保つ成分が備わっています。

そして、これらの美肌成分は線維芽細胞により日々生成されています。

しかし、加齢によりこの線維芽細胞の働きが弱くなると、コラーゲンなどが劣化・減少が起こり、皮膚を支えきれなくなってしまいます。

肌の弾力が失われ、毛穴も開いてくるといった現象が現れます。

筋肉の低下

目の周りを支える筋肉、眼輪筋が衰えると、眼窩脂肪が前に突出してしまい、凹凸やクマといった症状を引き起こします。

また顔の表情を作り出す表情筋が衰えると、無表情になったり、重力に逆らえない皮膚がたるんできます。

顔には無数の筋肉があり、表情が作られますが、無表情ということは顔の表情筋が衰えている証拠といえます。

乾燥

目の周りは身体の中でも皮膚が薄いところです。

乾燥の影響をうけやすく、乾燥が進むとハリやシワが目立つようになり、皮膚も垂れ下がってしまいます。

一度垂れ下がりが慢性化してしまうと、たるみを元に戻すことはむずかしくなります。

セルフマッサージやエクササイズで、皮膚のたるみタイプは改善できる?

皮膚のたるみタイプの人は、お肌のハリや弾力が失われ、たるみ症状がかなり進行してしまったタイプといえます。コラーゲンやエラスチンといった皮膚の真皮層にもともとある美肌成分が減少してしまっているため、肌の乾燥も起こっている状態です。

そこに、セルフマッサージを行うことで、さらに乾燥が進み、皮膚のたるみを悪化させてしまう恐れがあります。マッサージは目の下のたるみ部分を外から押したり刺激を与えることで改善するものですが、目の周りは皮膚が薄いため伸びやすく、つい指に力が入ってしまいがちで、さらに皮膚をたるませてしまいます。また、脂肪層の線維組織もゆるませるので、皮膚のたるみにつながります。

やさしく触れなければいけないところを、皮膚のたるみを気にするあまりグイグイと強く押していては逆効果ですよね。とくに皮膚のたるみタイプでは全く効果は期待できないので、マッサージはオススメできません。

では、エクササイズはどうでしょうか?重力に逆らえないと皮膚がたるんでくるので、顔の筋肉である眼輪筋を鍛えることは、たるみにとても有効です。身体の筋トレと同様に目の下のエクササイズも毎日継続して行うことが大切です。しかし、生まれつきの骨格や加齢によるたるみの場合は、効果が感じられないかもしれません。

もし1カ月以上続けてみて期待できる効果がでなかった場合は、専門家に相談してみましょう。

クリニックでの治療が改善の近道かもしれません。まずはどんな治療法があるか調べてみましたのでご覧ください。

皮膚のたるみタイプの治療法

複合的な悩みが重なってできる「皮膚のたるみタイプ」。

ふくらみやくぼみだけでなく、目の下のたるみ症状がけっこう進行しているともいえます。

眼窩脂肪を除去し、目の下のボリュームアップをする施術が必要です。さらに、コラーゲンの生成を促す治療も合わせて行うと良いでしょう。

美容注射

脱脂術の後、目の下にボリュームを出すために、脂肪注入治療を行います。

脂肪注入効果を高めるために、脂肪を生着しやすいように処理します。

脂肪は、注入後の生着率を高めるために不純物を取り除き、新鮮で活性度の高いものが必要です。

オススメの処理方法は、新開発の2層フィルターで脂肪をろ過する方法です。

短時間で行えるため、脂肪へのダメージが少ないピュアな脂肪が抽出できます。

生着率が8割程度と高く、生着した脂肪は半永久的に目の下の部位に留まります。

レーザー治療

赤外線を利用した光で、真皮層の深く照射する治療法がピッタリです。

引き締め効果に優れ、照射すると真皮層内に熱エネルギーを加えることで線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促す効果を持っています。

新陳代謝も活発になるため、ハリが戻り、肌の引き締め効果も期待できます。

手術

目の下のたるみ症状が進行しているため、眼窩脂肪を取り除く脱脂術を行います。

施術のポイントとしては、脱脂の量を適切に見極めること、脱脂する場所を正確に判断することです。

取る量が多すぎたり、採取する場所を誤ってしまうと、目の下がくぼむ、術後より見た目が悪くなる、といったことが起こってしまいます。

脱脂の対象となる層は目の下に6か所分類でき、どの層からどの程度の脂肪を採取するのか、きちんと見極めた上での治療が必要になるため、高い技術力と経験が求められます。

効果の持続性

「皮膚のたるみタイプ」の治療法が分かったところで、気になる持続性はどうなのでしょうか。

それぞれの治療法の持続性について見ていきましょう。

美容注射

脱脂術プラスの施術になります。

脱脂術で無駄な脂肪をしっかり処理した後に、しかるべき位置に脂肪を注入して、凹みを無くす施術を行うと、効果は10年程度持続します。

レーザー治療

即効性がある治療法で半年~1年程度持続性があります。

長期的にコラーゲンの増生を促すため、2~3カ月でたるみはさらに改善されていきます。

手術

脱脂術で、目の下のたるみの元凶である眼窩脂肪を取り除くため、効果は長く続きます。

10年程度持続するようです。これからも加齢とともに肌は変化するため、皮膚のたるみや脂肪の具合も変わってくるので、また気になるようなら、10年以降に施術可能です。

料金相場

施術するクリニックによっても料金は変わってきます。調査しておおよその目安料金はこのくらいという算出をしました。

それぞれの治療料金の相場として参考にしてみてください。

美容注射

脱脂術(目の下の脂肪除去)+脂肪注入20万円~50万円が相場のようです。

脂肪注入では、採取した自己の脂肪を特殊な機器で濃縮して注入するため、生着率80%を誇ります。通常の脂肪注入よりも料金は高くなります。

レーザー治療

全顔照射1回4万円~5万円、全顔照射3回9万円~12万円が相場のようです。

手術

脱脂術のみではなく、脂肪注入治療も合わせる場合がほとんどです。

脱脂術(目の下の脂肪除去)+脂肪注入20万円~50万円が相場のようです。

脂肪注入の処理の仕方で料金も変わってきます。

脂肪の質や活性度が高い、炎症を起こしにくいといったメリットがあるため割高になります。

治療後のダウンタイム

それぞれのダウンタイムについてご紹介します。

美容注射

脱脂術+脂肪注射の施術として、ダウンタイムは、軽い痛みが2~3日程度続くようです。

1週間適度、脂肪採取部位に痛みが出ることもあります。

レーザー治療

麻酔なしでも痛みはなくダウンタイムもありません。

術後の肌は、少しほてる感じやわずかな赤みが出る場合もありますが、数時間で消えます。

手術

2~3日程度、軽い痛みがあり、中には違和感を感じる人がいて3~5日程度で収まります。

1週間程度と見ておくといいでしょう。また軽度の腫れや内出血が現れることもありますが、1~2週間程度でなくなります。

腫れを抑える薬の処方も医師の診断結果次第であります。

痛みの度合いは?

痛みによる目安はどんなものでしょうか?それぞれの治療法の痛み度合いをご紹介します。

美容注射
脱脂術+脂肪注射の治療として、軽い痛みや腫れが2~3日程度あったり、塩部採取部位はまれに内出血が出る場合があります。

レーザー治療
施術中も施術後も痛みはありません。一時的にほてる感じや乾燥が気になる場合があります。保湿をしっかり行いましょう。

手術
痛みは個人差があることですが、手術のため軽い痛みが出る場合があります。2~3日程度、軽い痛みがあり、場合により違和感が3~5日程度あります。術度痛み止めの処方も可能です。

施術時間

施術時間については下記のとおりです。その人の肌質や、施術部位によってか変わってくるので、あくまで目安とお考え下さい。

美容注射
脱脂術+脂肪注射の治療として、おおよそ1時間半程度のようです。シャワーは当日からOKです。お化粧は翌日からOKですが、アイメイクは3日後から。

レーザー治療
施術時間は30分~45分程度。術後の日常生活では、洗顔やメイクは当日から可能です。お風呂も当日OK。

手術
1時間半ほどです。シャワーは当日から、入浴は1週間後から可能です。アイメイクは3日後から、コンタクトレンズの着用は1週間後から可能です。

目の下のたるみ治療の名医:筒井裕介先生のコメント

皮膚のたるみタイプは比較的少ないタイプです。しかしながら皮膚が余るとたるみはとても目立ち、しわも出てきます。

なので、目の下の状態は非常にたるみが目立つ状態になってきます。

皮膚のたるみの場合には切除などのアグレッシブな治療が必要になることもあります。

たるみ研究室まとめ

肌の弾力やハリがなくなり、目尻のシワに悩み始めたら要注意なのが皮膚のたるみタイプ。目の下のたるみは結構進んでいるため、なるべく早めに改善しましょう。真皮層にある肌のハリ成分コラーゲンやエラスチンの減少が皮膚のたるみの原因でもあるので、真皮層に働きかけるレーザー治療と、脱脂術+脂肪注入治療がオススメです。

脂肪注入治療の中でも生着率が高い施術があります。それが、濃縮した自分の脂肪を入れることです。太ももや腹部から脂肪を吸引し、脂肪吸引をした際に混ざった不純物を取り除くため特殊フィルターを使用した機械にかけます。脂肪を濃縮するとともに必要な幹細胞もしっかり残すことができます。濃縮脂肪を注入することで、生着率を80%程度まで上げることができ、目の下の脂肪細胞が入れ替わり増えることが可能になります。

脂肪細胞の周りにある幹細胞は、若返りが期待できる成長因子を分泌するので、シワやたるみによる溝に注入することで、さらに効果を実感できます。

こういった特殊なフィルターを採用した最先端の治療法や脂肪吸引を安全に行えるクリニックなのか判断しづらい場合は、たるみに精通している医師に相談し、設備が整ったクリニックか見極めましょう。

そこで、気になるたるみ治療の舞台裏をたるみ治療専門医である筒井医師にくわしく聞いてきました!ぜひこちらをご覧ください。

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する