【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~ » アトピー

アトピー

アトピー性皮膚炎などによる目の下のたるみについて

ここでは、目の下のたるみの原因の1つ、アトピー性皮膚炎などについて解説します。

アトピー性皮膚炎などによる目の下のたるみの特徴

アトピー性皮膚炎などによる目の下のたるみタイプの人には、こんな特徴があります。

アトピー性皮膚炎などによって、目の下のたるみが生じてしまうのは肌の乾燥や刺激への耐性の低さなどが原因です。

アトピー性皮膚炎では、肌のうるおいを保つ角質の細胞間脂質が減ってしまいます。すると、バリアの働きをする角質が剥がれてしまい、刺激への耐性も減ってしまうのです。刺激に対して弱くなっているところに、セルフマッサージをしてしまうと、逆効果。いっそう、目の下のたるみを加速させる原因となってしまいます。

また、かゆいからと目の周りを擦ってしまうことで、皮膚が厚く固くなってしまうことも。目の下だけでなく、目もと全体が腫れぼったいイメージになってしまいます。

皮膚疾患で弱った肌をいたわることが、目の下のたるみ対策として有効です。

アトピー性皮膚炎による目の下のたるみの原因

アトピーなどによる目の下のたるみは、3つの大きな原因が考えられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

乾燥

アトピー性皮膚炎では、肌のうるおいを保つ機能が低下し、カサカサの状態になります。また、湿疹ができる箇所が痒くなるため、無意識にかいてしまうことも。すると、さらに肌が傷付きうるおいが失われていく悪循環に陥ってしまうのです。

肌が乾燥すると、ハリや弾力が失われます。ハリや弾力の無い肌は、重力に逆らえずに下がってしまい、目の下のたるみとなってしまうのです。

刺激

肌のバリア機能が低下している状態では、外部からの刺激に敏感になります。かゆみのせいでかいたり擦ったりしてしまうのに加え、目の下のたるみを何とかしようとセルフマッサージしてしまうのも、刺激となってしまうのです。

弱っている肌に刺激を加えてしまうと、角質が剥がれてしまいます。するとうるおいが保てず、肌は乾燥し、たるみの原因となってしまうのです。

アトピー性眼瞼炎(がんけんえん)

目の周囲に赤みや湿疹、ただれなどが起き、かゆみを伴います。かゆみを我慢できずに目の周りを擦ってしまうと、上下のまぶたが固く厚くなってしまうのです。下まぶたが厚くなり、重力によって下がってしまうと影ができたり、たるみを生じたりします。

症状が軽いうちに、医師の診断をうけて重症にならないようにしましょう。重症化すると、たるみだけではなく細菌感染や網膜剥離、白内障といった合併症を引き起こす原因にもなります。

セルフケアやエクササイズで何とかできる?

アトピー性皮膚炎などが原因の目の下のたるみは、セルフケアやエクササイズで改善できるのかまとめました。

うるおいを逃がさないスキンケアを

炎症や湿疹により、肌の保湿機能が低下しています。顔を洗う石鹸や洗顔フォームなどは、皮脂を取りすぎない優しい洗浄力のものを選びましょう。化粧品も保湿に重点を置いて作られているものを選び、肌へつけるときは、繊維が刺激になるコットンは避けるのが無難です。

クリームやバームなどで、うるおいが逃げないようにケアするのもポイント。目の周りの皮膚は薄いので、いっそう保湿に気を付けなくてはいけない部位です。

エクササイズやマッサージは肌への刺激をおさえるのがポイント

肌のバリア機能が低下している場合、皮膚を擦ってしまうようなエクササイズやマッサージは逆効果。また、アトピーだけでなく皮膚や筋肉の緩みが原因の目の下のたるみには、マッサージはあまり効果がありません。

肌に負担をかけない目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えるエクササイズなら、たるみに有効でしょう。薄目の状態のまま、眉をぐいっとあげるエクササイズです。肌に触れることがないので、皮膚への負担をおさえてたるみの改善が期待できます。

皮膚科医の診断を受けて治療する

アトピー性皮膚炎は、免疫が過剰に反応してしまうアレルギー反応をおさえるのが治療のカギ。また、荒れた肌を保護する外用薬も専用のものがあります。薬の処方は、医師にしかできません。医師の診断を受け、アトピー性皮膚炎の治療を進めながら、目の下のたるみを改善していきましょう。

アトピー性皮膚炎などによる目の下のたるみの治療法

アトピー性皮膚炎でも、目の下のたるみを改善する美容医療が受けられるのかまとめてみました。

注射や注入治療

ヒアルロン酸や自分自身の脂肪を注入する手術です。くぼみが生じているタイプの目の下のたるみに有効。注入後にすぐに効果が現れやすいのが特徴です。

アトピー性皮膚炎の場合、アレルギーに注意が必要です。ヒアルロン酸は、人間の肌に存在している成分ですが、薬剤として生成されているものなので、人によってはアレルギーが起こります。脂肪注入は、自身の脂肪を使うためアレルギー反応は起きにくいと言われていますが、注意が必要でしょう。

レーザー治療

アトピー性皮膚炎の治療に、レーザー治療が用いられることがあります。レーザーが肌細胞を活性化させ、色素沈着や赤み、乾燥などを改善するのが目的です。肌にハリや弾力がもどれば、副次的に目の下のたるみの改善にもつながるでしょう。しかし、アトピー性皮膚炎の場合、レーザーの威力を下げて治療が行われます。健康な肌の人と比べて、治療回数が増え、たるみが改善するまでに時間がかかるかもしれません。

手術

一概に、アトピーだから受けられないとは言いきれず、患者の状態や医師の判断に委ねられます。目の下のたるみの程度にもよるでしょう。手術や麻酔などが刺激となるため、受けない方が良いという医師もいれば、アトピーの状態により可能とする医師もいます。

大事なのは、腕や診断が信頼できる医師に出会えるかでしょう。信頼できる医師のもとであれば、治療を受けるも受けないも納得できるものになるはずです。

注意したい合併症

目の周りにアトピーの病変がある場合、どのような合併症をまねくおそれがあるか解説します。

さまざまな炎症

病変や目の粘膜から、ウイルスや細菌が入り込むことで起こる疾患です。眼瞼炎や結膜炎などがあります。目の下のたるみ取りの手術でも、感染症のリスクがあるため注意が必要です。

ウイルスや細菌が原因ではなく、アレルギー反応による炎症も起こりえます。アレルゲンには、食べ物や飲み物といった口に入れるもののほかに、金属やゴム製品、ハウスダストなどがあります。

目を触りすぎることによる疾患

湿疹により肌が弱っているところを触りすぎてしまうと、症状が悪化してアトピー性眼瞼炎や網膜剥離、白内障といった疾患をまねくおそれがあります。かゆみを我慢できず、無意識にかきむしってしまうことが要因です。

皮膚を擦るのは、目の下のたるみにとっても良くありません。皮膚が傷付き、乾燥が加速するだけでなく、皮膚が引っ張られることでたるみが悪化する可能性がありあす。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

アトピー性皮膚炎の場合、セルフケアだけでは目の下のたるみを改善するのは難しいでしょう。アトピーの症状を治療しないことには、目の下のたるみを取る治療も思うように受けられないからです。

しかし、アトピーだからたるみの治療もできない訳ではありません。時間はかかるかもしれませんが、医師と二人三脚で治療をすればきっと良くなります。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する