【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~ » 赤クマ

赤クマ

寝不足でもないのに目の下に赤いクマができている…。しっかり寝ているのになぜ?という人のために、赤クマの情報や消し方を集めてみました。

赤クマどうする?

目の下にできる赤クマとは

目頭に近い部分が赤もしくは紫色になっていて、色は違ってもクマのように見えてしまうものです。なお、この赤色や紫色の正体は血液の色です。ぶつけたり強い刺激を受けたりした覚えもないのに、目頭寄りにちょっと赤みがあると感じたら、それは赤クマかもしれません。

赤クマかどうかセルフチェックで判別することができます。皮膚を引っ張ると赤みを増すのが特徴なので、赤クマなのかどうかを判別したいなら、次の方法で確認してみてください。

(1)頬の上の部分を指で抑える
(2)軽く皮膚を下に下げるように引っ張る
(3)赤みが増すかどうか確認する

赤クマができる原因は眼輪筋のせい?

目のまわりは、人体のなかで最も皮膚が薄い部分のため、ちょっとした刺激にも弱いことが知られています。さらに、下まぶたの皮膚の内側は、さらに薄く脂肪層があまりありません。代わりに皮膚の下には眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があります。

この眼輪筋が、皮膚に透けて赤く見えたり紫に見えたりするのが、赤クマの原因といわれています。

眼輪筋が透けてしまう原因は、筋肉の血行不良や目の下が膨らんでしまったことで、眼輪筋が押し出されてしまうことだと考えられます。うっすら赤い場合でも赤クマの可能性があります。

眼輪筋(がんりんきん)とは

眼輪筋とは、まぶたを上下に動かしたり涙の量を調節する働きを持つ筋肉のことであり、この眼輪筋は顔の表情筋のひとつでもあります。

眼輪筋は目の周りを囲む筋肉で脂肪を支えていますが、年齢を重ねると眼輪筋が衰えるます。すると、脂肪を支えることができなくなり、徐々に脂肪が下がるので、たるみの原因となってしまうのです。

眼窩脂肪(がんかしぼう)とは

眼球が収納されている部分のことを眼窩(がんか)と呼び、その周りは脂肪で覆われています。この脂肪が眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれるもので、この脂肪による目の下の膨らみは目袋ともいわれます。

眼窩脂肪は年齢を重ねることで筋肉が衰えてきて、徐々に前方に押し出されてしまいます。ひどくなるとこの目袋が大きくなり、皮膚のたるみで下がってくることも。

生まれつきの赤クマがあるって本当?

小さなころから赤クマがあり、生まれつきかもしれないと思う人がいます。でも、生まれつきかどうかは別として、きちんとしたケアで治療したりコンシーラーで消すこともできますよ。

目の下の赤クマを消すには

気になる目の下の赤クマは以下の方法でも消すことができるので、ぜひ実践してみましょう。

その1:イエロー系のコンシーラーで隠す

赤クマはコンシーラーを使うことで隠せますが、正しい色を選ばなければなりません。

赤クマに最適な色はイエロー系のコンシーラー。理由はイエローは赤い色を相殺してくれるから。ファンデーションとの相性を考えると、リキッドタイプのコンシーラーが良いでしょう。テクスチャーが固いコンシーラーは伸びにくくムラになりやすいため、赤クマが目立つ場合もあります。

また、中には赤クマをファンデーションで隠そうとする方も多いようですが、ファンデーションだけでは赤い色は隠せないので、コンシーラーを使用したことがない方もぜひ取り入れてみてくださいね。

赤クマはイエロー以外の茶色やオレンジのコンシーラーを使用すると目立ってしまうので、選ぶ色には注意して使用してください。

赤クマ隠しにおすすめのコンシーラー

赤クマの方にオススメしたい、赤クマ隠しのコンシーラーがあります。が「THREE アドバンスド スムージング コンシーラー[YE]」です。

赤クマにおすすめのコンシーラー

画像参照元:THERR公式オンラインショップ
(https://www.threecosmetics.com/fs/three/bas-0304001)

THREE アドバンスド スムージング コンシーラーはリキッドタイプのコンシーラーで、馴染み良いテクスチャーで部分用ファンデーションやお直し用のファンデーションとも相性は抜群。どんなファンデーションにも合わせやすいコンシーラーです。

また天然由来成分80%で8種の植物オイルと植物エッセンスが目元をトリートメントしながらしっかりとカバーしてくれるのです。薄づきですがしっかりとカバーし、崩れる心配もなく自然に赤クマを隠してくれます。

THREEオンラインショップをCHECK

ファンデーションも積極的に使用

赤クマにファンデーションは有効?

コンシーラーだけでは赤クマが隠れない場合もあります。そんな問いはファンデーションも積極的に使用すると良いでしょう。

赤クマを隠すためには、ファンデーションの種類によってコンシーラーを使う順番が変わります。特にファンデーションがリキッドの場合には下地→ファンデ→コンシーラー→フェイスパウダーの順番が最適です。

バウダータイプのファンデーションの場合は、下地→コンシーラー→ファンデの順番がオススメです。どんなファンデーションでも赤クマは隠せるので、メイクの順番も気をつけながら積極的に使いましょう。

アイクリームは効く?

アイクリームを使えば赤クマを改善することができるのでしょうか。

赤クマの原因は血行不良などが挙げられますが、アイクリームの成分に血行を促進する成分はほとんど含まれていないものが多いです。

血行促進ではなく、目の下が膨らんだことにより眼輪筋が押し出されてしまった場合には、血行を促進する成分では改善することはできません。血行を良くしてくれる成分だけが赤クマに効果が期待できるわけではないのですし、目のたるみや乾燥を防ぐ成分が主に含まれているアイクリームも多いですが、この成分では根本的に赤クマは改善できません。

赤クマ改善のためにアイクリームだけに頼るのは、あまり効果は期待できないといえます。

その2:セルフケアで解消

蒸しタオルで血行促進

赤クマを改善するためには目の周りの血流を促すことが大切です。そこで蒸しタオルを使って血行を促進させましょう。

まず電子レンジやお湯で温めたタオルを用意し、目の上に5分ほど乗せ温めます。目の周りがじんわりとしてきたら温まってきたサインなので、ここで今度は冷たいタオルを乗せて冷やしましょう。冷えたらまた温かいタオルを乗せて目を温めます。この方法を2回から3回繰り返し行なうと血行が良くなるでしょう。

目元のマッサージ

目元のマッサージも赤クマ解消には効果が期待できます。

まずは目の周りにも使用できるクリームを用意して、目の周りに摩擦が起きない程度の量のクリームを塗ります。滑りが良いことを確認して、人差し指・中指・薬指の3本の指の腹を使い優しくマッサージしていきます。

抑えたりこすったりしないように注意しながら優しく滑らせるように、目の下のくぼみを骨に沿うようにしながら、目尻から目頭に向かいマッサージをします。

またまぶたの上側も同じく、目頭から目尻に向かうようにして骨に沿わせてマッサージをします。

この方法で血行が良好に向かいますが、マッサージの方法を間違えると余計に悪化してしまう可能性もあるので、正しく行なうように十分注意しましょう。

目元のマッサージはたるみに効く?効かない?

赤クマに良い食生活

血行不良が原因の赤クマは食べ物でも解消することが可能です。

血液を促進・サラサラにしてくれる栄養素が含まれた食品を積極的に摂取すると良いですね。特に鉄分やビタミンE・アントシアニンなどの栄養素を積極的に摂ると良いでしょう。食べ物では昆布やのりなどの海藻類のほか、ほうれん草や小松菜にモロヘイヤもオススメです。生姜など体を温める食べ物も血行を促進してくれるので積極的に摂取すると良いですね。

またクマ全般にはビタミンの摂取も解消や予防につながるので、ビタミンCやビタミンAなどが含まれているレモンやニンジンなどの食材も一緒に摂取しましょう。

その3:美容医療で赤クマをすべて消す

赤クマを解消する方法は他に、美容医療で消すという方法もあります。

一般的に美容医療での赤クマ治療法は「脱脂術」ですが、セオリークリニックではリポトランスファーを一緒に組み合わせて行なう方法を取り入れています。

リポトランスファーをプラスすることで、より綺麗で違和感のない自然な仕上がりにすることが可能です。

脱脂術

脱脂術とは、眼輪筋が老化によって支えられなくなって、目の下に飛び出してしまった眼窩脂肪を除去する治療法です。眼窩脂肪を除去する方法は、レーザーメスを使用して下まぶたの裏側から余分な脂肪を抽出して行なわれます。下まぶたの裏側から行なう施術なので、顔の表面に傷ができたりすることはありません。

手術時間も比較的短く、両目で2時間程度。痛みも少ないので負担がかかりません。

また、脱脂術のダウンタイムについて、ごく軽度に腫れが出る場合もありますが2日から3日程度で、痛みも軽い痛みが2日から3日程度続く場合があります。違和感も3日から5日ほど出るかもしれませんが、1週間もすれば十分落ち着きます。内出血に関しては個人差が出ますが、稀に出現することもあり、出現するとだいたい1週間から2週間ほど消失まで時間がかかります。

ただし脱脂術は入院の必要がなく当日から洗顔もできます。化粧は翌日から、アイメイクも3日目からとなります。またコンタクトレンズは1週間後から使用できるので、それまではメガネを用意しておくようにしましょう。

麻酔の量も最小限に抑えられており、傷や痛み・ダウンタイムもほとんどないので、とても手軽に赤クマ解消を解消できる施術です。

脱脂術を詳しく見る

リポトランスファー

セオリークリニックで脱脂術と一緒に取り入れられているリポトランスファーは脱脂術の後に、より綺麗で自然な状態にするための施術です。

脱脂術では余分な脂肪を取り除く施術が行なわれましたが、脂肪がなくなると目の下がくぼんでしまう場合があります。不自然な凹みは影ができ黒いクマのようになってしまうため、とても綺麗な状態とは言えません。

そこでリポトランスファーによって一度抽出した眼窩脂肪を、生着しやすいように不純物を取り除く処置をして、再度凹みの部分に先ほどの脂肪を注入します。しっかりと自然で美しいラインを意識しながら注入するので、とても若々しい表情を作り出すことができます。

リポトランスファーは皮膚表面から行ないますが、切開などはせず注射のみなので傷になることはありません。またダウンタイムもほとんどなく、痛みや腫れも2日から3日程度で違和感も3日から5日程度となります。ダウンタイムについては脱脂術とほとんど変わらず、目安時間も両目で2時間なので日帰りでの手術となります。

せっかく脱脂をするのであれば最後の仕上げにしっかりと美しさをプラスするためにも、リポトランスファーは絶対に取り入れておくと良い施術ですね。

リポトランスファーを詳しく見る

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する