【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~

あなたはどのタイプ? ~目の下のたるみの種類~

「最近老けてきたな…」と感じるのは、目の下のたるみのせい?目の下のたるみにもいろいろタイプがあります。自分のたるみタイプを理解してお悩みを解消しましょう!

くぼみタイプ(目の下がへこんでいる)

目の下にくぼみがある、へこみがあるのがこのタイプ。元気なのにやつれたように見えてしまったり、「疲れてない?」とよく聞かれたり…。

目の下にくぼみがあるだけで不健康そうに見せてしまうやっかいなタイプです。

顔の皮膚が下がってくぼんで見せている!

このタイプの特徴は、皮下脂肪が無くなってきてくぼんできます。

加齢とともに症状も悪化し、くぼみも深くなってきます。

また目の下のくぼみ部分が影のようになってクマに見える場合も

主な原因は2つ!

このタイプの原因は、眼球のクッションの役割をしている眼窩脂肪の減少と、眼輪筋の衰えが主な原因です。

加齢とともに、脂肪が減ってくるのに加えて、筋肉が衰え目のくぼみも目立ってきてしまいます。

治療のバリエーションは?

くぼみタイプの治療には、足りなくなった脂肪くぼんだ部分に注射で注入してあげることが必要です。

黒いクマも目立つためレーザー治療や仕上がりの美しさを追求するなら手術も合わせて行いましょう。

ふくらみタイプ(目の下が脂肪でふくらんでいる)

目の下がプクッと膨れているのがこのタイプ。

ふくらみの下はへこんで影ができるので、黒いクマが目立ちます。

あると色っぽいといわれる涙袋と勘違いしがちですが、目の下のたるみは目袋ですので、残念ながら別物です…。

目の下がでこぼこしています

このタイプの特徴は、目の下のふくらみが目立ち、目の下から頬にかけてでこぼこがあります。

ふくらみのせいでゴルゴラインができ一層老け顔に見えていることも。

正体は脂肪!

このタイプの原因は、ズバリ眼窩脂肪!

目の周りを支えている眼輪筋がゆるむと眼球が垂れさがり、空いたスペースへ脂肪を前に押し出してふくらみを形成してしまいます。

治療のバリエーションは?

眼窩脂肪を取り除く手術が大切です。また、へこみ部分があるため、取り除いた脂肪を注射で注入して目の下から頬をフラットにしましょう。

クマも目立つので、レーザー治療も合わせて、改善しましょう。

混合タイプ(ふくらみとへこみが混在している)

目の下にふくらみがあるのに、ふくらみの下にはへこみもある…。せめてどっちかにして!と思わずいいたくなるタイプです。

混合タイプは複合的な悩みが合わさったものなので、多くの人が悩んでいます。

複数の悩みが合わさっています!

このタイプの特徴は、皮膚が垂れさがってくぼんでいる、ふくらみ部分とくぼみ部分が混在している、たるみと色素沈着が気になるといったように複合的な要因が絡んできます。

加齢によって引き起こされる原因とは

このタイプの原因は、眼窩脂肪の飛び出しと、皮下脂肪の減少です。

加齢により眼窩の位置も下がり、眼球も下がってきます。

さらに脂肪も減るので、支えきれなくなった皮膚がたるみを引き起こしてしまいます。

治療のバリエーションは?

手術で眼窩脂肪を取り除き、脂肪注入でくぼんだ部分に取り除いた脂肪を注入していきます。

また茶クマと呼ばれる色素沈着が原因のクマには、レーザー治療がオススメです。

皮膚のたるみ

お肌にハリがなくなり、皮膚が垂れさがってしまったタイプです。

ブルドッグ顔なんて表現も…。まったく失礼しちゃいますよね!

実年齢より老けて見えてしまうので、今すぐ脱老け顔を目指しましょう!

毛穴のたるみも目立ってきたら…?

このタイプの特徴は。顔全体の皮膚が垂れてきて、目の下のたるみ進行具合は結構進んできます。

他には口元のしわ、首のたるみ、毛穴たるみといった症状も見られます。

ハリと弾力の低下が原因

このタイプの原因は、お肌のハリや弾力成分、コラーゲンが減ってしまったからです。

もともと体内にあるコラーゲンなどの美肌成分は真皮層で生成されていますが、この力が弱まることで起こります。

治療のバリエーションは?

顔全体にお肌のハリと弾力をアップさせるレーザー治療を行います。

老け顔に見せてしまう目の下たるみを手術と注入治療で改善しましょう。

目の下をフラットに見せることができれば若返りが可能です。

たるみくま

目の下のたるみだけでなく、クマが目立つタイプです。クマったな~といってるだけでは治らない、たるみとクマ…。

たるみは老けた印象に、クマは疲れているように見せてしまいます。

どっちも改善して若見せしましょう!

クマの種類は主に3つ!

このタイプの特徴は、目の下がたるんで影を作り黒クマになっているもの、目の下の筋肉が皮膚を押し上げて赤く見せる赤クマ、日焼けなどで色素沈着した茶クマ、たるみとクマの種類を知って改善しましょう。

皮膚の垂れさがりが原因

加齢によって皮膚が下がってきたことで起こる目の下のたるみ。

このタイプの下人であるクマには3つ種類があります。

黒クマ、赤クマ、茶クマとあるので、それぞれの特徴から改善策を試してみましょう。

治療のバリエーションは?

各種クマによって、対策法が変わってきますが、茶クマにはレーザー治療黒クマ、赤クマには眼窩脂肪を取り除く手術に、脂肪を注入して目の下をフラットにする治療を合わせて行います。

赤クマ

目元が赤もしくは紫色にくすんでいるのが赤クマです。「目の下をどこかにぶつけた覚えもないのに赤くなっている」「泣いてもいないのに心配される…」そんな悩みはありませんか?

印象を左右する目元を、健康的に見せちゃいましょう!

皮膚を引っ張って赤くなるなら赤クマ!

クマを指で抑えつけ、軽く下に引っ張ってみてください。皮膚を引っ張ってみて、赤みが増したら赤クマです。

※目の周りは皮膚が薄くなっているため、無理に引っ張らないでくださいね。

赤クマの原因は皮膚の下の筋肉

まぶたの皮膚は脂肪が薄くなっています。赤クマは、まぶたの皮膚下にある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉が透けて見える状態なんです。

でも全員が全員、赤クマじゃないですよね?赤クマになってしまうのは、筋肉の血行不良や目の下の脂肪がたるんでしまうのが原因。筋肉が正常に動いていれば、赤クマにはならないのです。

治療のバリエーションは?

赤クマを美容医療で無くす際は、眼球の周りにある脂肪をとる脱脂法や、自然な頬にするために自分の脂肪を注入するリポトランスファーがあります。筋肉は直せないので、出てきてしまった目のたるみにアプローチをします。

黒クマ

いくら眠っても消えない目の下の黒っぽいクマ。その正体は、目の下のふくらみによる影なんです。自分が黒クマなのかチェックして、対策をとってみましょう。

ふくらみを押して影が消えるなら黒クマ!

目の下がふくらんでいる場合、そのふくらみを細い棒で押してみてください。押すと影が消えて、クマがなくなる場合は黒クマです。

他にも顔を上にあげたりして目の下の凸凹を均一にすることで、影が消える場合は黒クマと判断できます。

黒クマの原因は目の下の脂肪

クマができてしまうのは、目の下に影ができてしまうから。

影ができる原因のひとつに、たるみがあります。たるみの元は、目の周りにある眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪。年を重ねると重力や筋力の低下によって、目の下に出てきてしまい、たるみになるのです。

治療のバリエーションは?

たるみや目の下の凸凹を無くす治療で黒クマを解消します。目の下の脂肪を取る脱脂法や、くぼみを無くすために自分の脂肪を目の下に入れるリポトランスファーを行います。

茶クマ

目の下が茶色く、シミっぽくなっているのが茶クマです。「睡眠をしっかりとっているのに…」「メイクも落としているはず!」という方にもできてしまいます。

クマは老け顔の一因です。明るく元気に見せるためには、茶クマとおさらばしましょう!

赤くも黒くもなければ、茶クマ?

茶クマの正体は色素沈着です。そのため、赤クマ・黒クマのようにたるみはありません。

皮膚を引っ張っても赤くならない、たるみを押してもクマが無くならない場合、茶クマである可能性が高いでしょう。

茶クマの原因は日ごろの積み重ね

メラニン色素の沈着によってできる茶クマ。肌への強い刺激が続くことで、色が染み付いてしまい、クマのようになります。

肌の刺激とは、日焼けや化粧落としなどのこと。日頃から紫外線対策をしなかったり、肌をゴシゴシしながら顔を洗ったりすることで、茶クマに繋がってしまうのです。

治療のバリエーションは?

茶クマを解消するためによく行われるのは、レーザー治療です。レーザーで染み付いた色素にアタックして、色を薄くしてくれます。

たるみしわ

目の下のたるみだけでなく、シワも目立つようならこのタイプ。

たるみとしわは、かけ合わせちゃうと、老け顔がレベルアップします!

アンチエイジングを目指したい人は、どちらにもアプローチを始めていきましょう。

シワの前兆サインとは!?

このタイプの特徴は、目尻のシワが深い、ちりめんジワが出てきた人。

この場合、シワが深くなる前兆かも知れません。

シワのせいで実年齢より老けて見られたことがあれば注意が必要です。

紫外線には注意!

このタイプの原因は、外的要因もあります。

もともと顔の中でも皮膚が薄い目の周りを、紫外線を浴びたり、ゴシゴシ目をこすってしまったりすると乾燥肌を引き起こし、さらにシワが増えることになります。

治療のバリエーションは?

シワを改善するにはレーザー治療がオススメです。

また、目の下のたるみには、眼窩脂肪を取り除く手術に、たるみ部分がへこんでいる場合が多いので、脂肪注入も合わせて行います。

アトピー

皮膚の炎症やカサツキが原因で目の下のたるみが気になるならこのタイプです。

アトピーの症状が肌に負担をかけてシワやたるみに

乾燥やかゆみなどから、無意識に肌をかいてしまうため、皮膚に傷がつきやすく、保湿機能が低下しがちです。肌が乾燥してしまうと、ハリがなくなりシワやたるみの原因となります。健康な肌にくらべて、角質が保湿機能を保てない状態のため、潤いを保つ保湿ケアが大事になってきます。

皮膚科医と二人三脚で治療を

アトピーの症状は、肌にできた湿疹をおさえることと、湿疹が出てしまうアレルギー反応をおさえることが大事です。赤みや色素沈着など、アトピーのせいでできてしまったものは美容皮膚科に、アトピーそのものの症状については一般皮膚科医に相談して、治していく必要があります。信頼できるかかりつけ医のもと、まずはアトピーを良くすることから始めましょう。

治療のバリエーションは?

肌への負担を調整できる、レーザー治療がいいかもしれません。アトピーの症状の度合いにあわせて出力を変えられる機器を選びましょう。注入系の治療や手術なども、人によっては受けられます。専門家の医師の話を聞いて、自分に合った方法を探しましょう。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する