目の下のたるみを予防する5つの方法

目の下のたるみは、症状の程度にこそ個人差はあれ、加齢とともに誰にでもやってくるもの。

避けることができない老化現象の一つだからこそ、少しでも時期を遅らせたり症状を軽く見せたりできるよう、普段から予防を心掛けることが大事です。

1.紫外線対策をする

シミやそばかす、色素沈着などの主な原因が紫外線であることは有名ですが、実は、シワやたるみ、目の下のたるみなどの主な原因も紫外線です。

2.保湿ケアをする

目の下のたるみの主な原因の一つが、肌や肌内部における乾燥。
コラーゲンやエラスチンなどの潤い成分が減少すると結果、肌の弾力が失われて目の下にたるみができてしまいます。

3.眼輪筋を鍛える

眼輪筋が目を閉じるときに使う筋肉です。 スマホを使う事が増え、まばたきの回数が減ると眼輪筋が衰えてたるみの原因にも。

引用元:https://marisol.hpplus.jp/article/40778/14/

4.十分な睡眠をとる

お肌のゴールデンタイムである22時には眠りについているようにしましょう。
遅くとも23時には眠って少しでも多くのゴールデンタイムの時間を取ってください。

5.目元をマッサージをする

血行不良は眼輪筋が衰えやすくなったり眼窩脂肪が増えたりなどし、目の下がたるみやすくなってしまいます。
やみくもに揉むのはNGですよ。