【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを解消できる整形術 » ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入

目の下のたみるを改善する治療のひとつに、ヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸の効果や、施術内容についてまとめてみました。

目の下のたるみを改善させるヒアルロン酸注入とは?

ヒアルロン酸注入の効果

目の下のたるみに効果を発揮するヒアルロン酸注入。メリットは、即効性に優れていることです。注入直後から、目の下のたるんでいる部分がふっくらするのを実感できます。

通常体内に異物が入ると、その異物を排出しようとアレルギー反応が引き起こされることも。しかしヒアルロン酸はもともと体内で生成されている成分なので、注入してもアレルギー反応を起こす心配がありません。

また、ヒアルロン酸注入は施術時間が短いのも嬉しいポイントのひとつです。注入する範囲の広さによって多少の違いはありますが、20~30分ほどで施術は完了。ほかの施術と比べると施術時間は短くなっているので、仕事や家事で忙しい女性でも気軽に受けられます。

目の下のたるみは加齢や紫外線のダメージが原因で引き起こされ、血色が悪くなるため周りに寝不足のような印象を与えることも。ヒアルロン酸注入を行なうことで、若々しい目元を取り戻すことができます。

ヒアルロン酸注入の持続期間

使用するヒアルロン酸によって異なりますが、一般的にヒアルロン酸の持続期間は半年~1年です。ただし、初回は吸収が比較的早くなっており、2~3ヶ月程度しか効果が持続しないことも。何回もヒアルロン酸注入をしたり、たくさんの量を注入したりすると持続期間は長くなるそうです。

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

一般的にヒアルロン酸のダウンタイムはほとんどないと言われていますが、人によっては以下のようなダウンタイムが起こるケースがあります。

腫れや赤み

ヒアルロン酸注入後は、注射によって軽い腫れや赤みが生じる場合も。しかし、そのほとんどは2~3日で症状は引きます。

むくみ

ヒアルロン酸には水分を保つ特性があるため、注入するとヒアルロン酸が水分を集めることでむくみが生じます。数日でむくみは改善しますが目元がむくんでしまうと顔の印象を変えるおそれがあるので、大事なイベントが控えている場合は、イベント前に施術を受けるのは避けましょう。

内出血

ヒアルロン酸注入でもっとも多いとされるのが内出血です。スキルの高い医師であっても、注射針を刺すと毛細血管が傷つくため内出血が引き起こされることも。化粧で隠すことができ、一週間程度で治まります。

セオリークリニックが行なっている目の下のたるみへのヒアルロン酸注入

豊富な種類のヒアルロン酸を用意

セオリークリニックは、ヒアルロン酸注入にこだわりを持っています。注入で使用したヒアルロン酸は個人用としているため使い捨てとなっており、毎回新しいヒアルロン酸を提供。また、豊富な種類のヒアルロン酸を用意しているのもセオリークリニックの魅力です。使用しているヒアルロン酸は特徴を掴むために実際にクリニックで使用し、もっとも良いと判断したものだけを採用しています。

目の下の皮膚の薄い部分には柔らかく細かいヒアルロン酸、頬のリフトアップやあごの形成ではハードなヒアルロン酸を使用するなど、目的や部位によってヒアルロン酸を使い分けているのが特徴です。

0.01mlを調整できる技術力

通常、ヒアルロン酸は0.1ml単位で注入されます。しかし、セオリークリニックでは0.01ml単位で調整することが可能。そのため、圧倒的な自然な仕上がりを実現できます。目の下は皮膚が薄いため、医師の腕はとても重要です。

痛みが弱い人にも配慮

ヒアルロン酸注入は目の下に注射をするため、痛みを気にする人が多くいます。セオリークリニックでは痛みに弱い人へ配慮しており、麻酔入りのヒアルロン酸の使用や痛み止めの貼り薬を使用。最小限に痛みが抑えられるようん配慮してくれます。

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する