目の下のたるみ研究室
目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを解消できる整形術 » 脂肪注入で目の下のたるみは治る?その効果とは?

脂肪注入で目の下のたるみは治る?その効果とは?

更新日:

目の下のたるみを改善する施術に、脂肪注入があります。
ヒアルロン酸注入やレーザー治療に比べて、ダウンタイムが少し長めではありますが、基本的に1回の施術で長期間にわたって効果が持続する点がメリットです。脂肪注入よって得られる効果や施術方法、注意点などを見ていきましょう。

脂肪注入で期待される効果

脂肪が注入した場所にしっかり定着することを生着(せいちゃく)と言います。生着した脂肪は皮膚の下で留まり、目の下にハリやふっくらとした印象を与えます。

注入した脂肪のうち、生着した脂肪は長期間効果を持続します。頻繁に治療を繰り返す必要がないことや自分自身の脂肪を使用するのでアレルギーが起きにくいことがメリットです。

また、脂肪吸引をした部位の脂肪細胞自体を減らせるので、吸引の程度によっては、痩身の効果を期待出来る場合もあります。

脂肪注入がどうして有効なのか?

脂肪注入は、自分自身の脂肪をたるみやシワの気になる部分に注入する方法です。

加齢に伴い、顔の脂肪は徐々に減っていきます。脂肪が減ってしまうと、皮膚を下から押し上げるものがなくなり、ハリがない、シワやたるみが目立った状態になってしまいます。

しぼんだ風船をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

脂肪注入の詳細な施術方法

脂肪注入の進め方

①カウンセリング

医師による診断とカウンセリングを受けましょう。施術の希望箇所やイメージ、施術への不安などを相談します。

施術内容、副作用やリスクなどについても、納得できるまでよく話し合いましょう。

②施術

局所麻酔や静脈麻酔を使用し、吸引・注入時の痛みをやわらげます。

太ももなど、脂肪が多く存在する箇所から脂肪吸引を行った後、注射でたるみやシワの気になる部分に脂肪注入を行います。

吸引をした部分は圧迫固定を行い、出血を抑えます。

施術時間は平均1時間程度です。

最近の脂肪注入では、精製した脂肪細胞を注入し、効率的に生着させる方法や吸引した脂肪を冷凍保存し、後日注入するという技術も開発されています。

参照元:セオリークリニック公式(https://theory-kumatarumi.com/treatment/injection.html)

③経過観察・通院

施術後、感染症を抑える抗生剤、炎症を抑える外用薬が処方されることもあります。

顔への脂肪注入の場合、入院は必要ありませんが、経過観察と検診のため、受診が必要になります。

(※症状によって、施術内容は変わります。主治医の指示に従ってください。)

脂肪注入施術のダウンタイム、持続期間

ダウンタイム

注入箇所:腫れや内出血が数日〜数週間継続します。1ヶ月後には脂肪が生着し、安定します。
脂肪吸引をした部分:脂肪吸引をした部分の圧迫固定を行います。(約3日間)

その後、脂肪吸引をした針穴にはカットバンやテープを1週間程度貼って過ごします。約3ヶ月後には脂肪吸入をした針穴のむくみや痕も落ち着いてきます。

お薬:感染症を抑える抗生剤、術後の痛みに対して痛み止め、外用薬(塗り薬など)が処方されることがあります。

参照元:セオリークリニック公式(https://theory-kumatarumi.com/treatment/injection.html)

脂肪注入のリスク(副作用など)

副作用

注射針による内出血、傷あと(脂肪を採取した部分の皮膚)、注入部位の凹凸、感染症(化膿など)、血腫(出血によって組織内に血液が溜まってしまう状態)、脂肪壊死(脂肪細胞が死んでしまうこと)などが考えられます。

また、服用している薬や健康状態を正しく主治医に伝えて、よく相談してから施術を受けるようにしましょう。

経験した症例数の多い、熟練した医師のもと、リスクや副作用を納得された上で施術を受けることをおすすめします。注入部分のしこりや吸入した部分の凹みなどのトラブルも報告されています。

そういった状況を避けるためにも、経験豊富な医師や病院を選ぶことが大切です。

施術後のケアでリスクを減らしましょう

施術後のケアをしっかり行うことで、先にあげた副作用などのリスクを減らすことができます。

内出血に関しては、徐々に治癒していきますし、感染症も施術後に処方される抗生剤を服用することで防げます。

処方薬は用法用量を守って、指示通り服用しましょう。

脂肪注入を選択すべき人はどんな人?

1回の治療で長期間効果を実感したい方

1年後注入した脂肪が生着する割合は平均で6~7割です。ピュアグラフトやピュアシスの施術による脂肪注入は8割程の生着が見込めます。

参照元:セオリークリニック公式(https://theory-kumatarumi.com/treatment/injection.html)

アレルギーが心配な方

自身の脂肪を使って施術が行われるので、アレルギーの心配はほとんどありません。

ヒアルロン酸注入だけでは満足できなかった方

ヒアルロン酸注入の効果は短期間で吸収されるのに対し、脂肪注入は、1回の施術で長期的に効果が持続する方法です。長く維持したい方におすすめです。

施術後の体調管理や衛生管理がしっかりできる方

術後は感染症予防や針穴のケアなどを医師の指示に従って行います。

処方薬がある場合にはきちんと服用・使用しケアを行う必要があります。

(※施術の効果や作用、痛みの感じ方には、個人差があります。主治医の指示・指導のもと治療を受けてください。)

目の下のたるみ、クマの治療はセオリークリニック
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
相談はこちら