目の下のたるみ研究室

脱脂治療

更新日:

脱脂で期待される効果

脱脂の施術を行うと、たるみやクマを改善すると顔の印象を明るく見せられるため、疲れた印象や老けた印象を改善することができます。

脱脂とは、「眼窩」と呼ばれる眼球が収納されている部位にある「眼窩脂肪」を除去する施術。この眼窩脂肪は、加齢などによって前の方に押し出されてたるみの原因となることが知られています。

そこで「目の下の脱脂」を行うことにより、この眼窩脂肪を除去して、目の下にあるたるみやクマなどを解消できるのです。

脱脂術は、目の下にできてしまったたるみの原因である眼窩脂肪を取り除けるのが大きなメリット。

この眼窩脂肪によるたるみはマッサージなどで除去することは難しいため、確実にたるみを改善したい、と考えている場合には脱脂術を検討するのがおすすめです。

また、手術時間やダウンタイムも短く入院が必要ない点も、脱脂術のメリットとされています。

脱脂の詳細な施術方法

「経結膜脱脂」と呼ばれる下まぶたの脱脂は、下記の流れで行われます。クリニックに足を運ぶ前に、あらかじめどのような手順で進められるのかを知っておくと安心です。

1.どの部分からどのくらいの脂肪を除去するか見極める

眼窩脂肪は、大きく分けて目頭・目の下の中央部分・目尻側の3カ所に分かれて存在していますが、まずはたるみやクマの状態を見ながら、どの部分からどの程度の脂肪を除去するかを確認します。

2.下まぶたの裏側を切開

脱脂の際に切開する場所

眼窩脂肪を除去するため、レーザーなどを使用して下まぶたの裏側を切開します。

3.眼窩脂肪を除去する

眼窩脂肪の除去

切開した部分から眼窩脂肪を丁寧に除去し、施術は完了です。

以上のステップで施術が行われます。眼窩脂肪を除去する際には切開が必要ですが、わずかな切開範囲で済むため縫合や抜糸の必要はありません。下まぶたの裏側を切開するため、傷跡が他の人から見える形で残ることもほとんどないため安心です。

また、麻酔は点眼麻酔・局所麻酔を使用するケースが多く見られます。まずは目薬の麻酔を行い、その後にまぶたの裏側に注射による麻酔を行うため、施術中の痛みについて心配する必要はないでしょう。

脂肪注入と合わせて施術が行われることも多い

目の下のたるみに対しては、上記で説明した脱脂のみが行われるケースと、脂肪注入を組み合わせて行うケースがあります。脂肪注入を組み合わせる場合は、まず経結膜脱脂で下まぶたの余分な脂肪を除去したあと、目の下と頬の境界線にある溝部分に患者自身の脂肪を注入します。

これは、目の下にある眼窩脂肪を一気に除去してしまうと、目の下にくぼみができてしまうことがあるため。下まぶたの部分にさらに脂肪を注入してくぼみをカバーし、自然な仕上がりを作り上げます。

脱脂のダウンタイム

脱脂は比較的ダウンタイムが短いとされている施術です。ただし個人差もあり、人によっては下記のような症状が出るケースもあります。

脱脂の痛み

施術後の痛みはほとんどないとされていますが、多少違和感を感じる場合もあります。

また、施術後1週間程度は、目をギュッと強く閉じると痛みを感じる場合も。目を強く閉じることが内出血につながる場合もあるため、しばらくは控えた方が良いでしょう。

脱脂の腫れ

施術から2〜3日ほど腫れが出る場合があります。ただし、内出血が出ている場合や感染症にかかったりすると腫れの症状が長引くことがあるため、清潔に保つように注意が必要です。

脱脂の内出血

施術後内出血を起こすことがあります。この場合、下まぶたや目の周りに内出血が生じて紫色になりますが、1〜2週間程度で消失します。また、目元の皮膚だけではなく白目部分に内出血が起こるケースもありますが、この場合も同様に1〜2週間程度で症状が改善します。

(補足)施術の持続時間

脱脂術は再発がしにくいといわれている施術です。そのため、施術後の状態がずっと続く人がほとんどです。

脱脂のリスク(副作用など)

施術を受ける前には、メリットだけではなく考えられるリスクについても知っておく必要があります。

脱脂術を受けた場合、下記のようなリスクが可能性として挙げられています。

目の下の凹みが目立つ場合がある

脱脂法の施術を行う場合は、どの程度脂肪を除去するかが非常に大切です。

万が一脂肪を除去しすぎてしまうと、目の下がくぼんでしまい目立つことがあります。

シワが目立つことがある

脱脂とは、余分な脂肪を除去する施術なので、シワの改善はできません。
そのため脂肪の量が多い場合、施術後に脂肪がなくなった部分のシワが目立ってしまう可能性があります。

たるみが再度出ることがある

脱脂術は再発しにくい施術と言われていますが、人によっては年を重ねると再度脂肪によるたるみが出てくることがあります。

脱脂を選択すべき人はどんな人?

ここまで目の下の脱脂について説明してきましたが、この施術を選択するべきなのは下記のような条件に当てはまる人といえます。

このような悩みを抱えている人は、ぜひ一度クリニックで脱脂術について相談してみると良いでしょう。

医師やカウンセラーの話を聞くことにより、自分の悩みはこの施術によって改善できるのかどうかがわかるはずです。

目の下のたるみ、クマの治療はセオリークリニック
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
相談はこちら