【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを解消できる整形術

目の下のたるみを解消できる整形術

加齢によって肌のハリや弾力、筋力が低下することであらわれる目の下のたるみ。20代後半から徐々に進行し、40代にさしかかると認識できるようになります。目の下がたるんでしまうと実年齢より老けて見られたり、疲れていると印象を与えたりすることも。

そのため、目の下の悩みで悩んでいる人は多いはず。また、目の下のたるみはセルフケアだけでは効果が出ないので非常に厄介です。

確実に目の下のたるみを改善したいのであれば、整形を受けるのがおすすめ。ここでは、目の下のたるみを改善できるおすすめの整形術を4つピックアップしています。あなたに合った施術がきっと見つかるはずです。

目の下のたるみが改善できる施術一覧

ヒアルロン酸注入

即効性があることで人気のあるヒアルロン酸注入。施術直後から効果を実感できます。ヒアルロン酸は人の皮膚や関節にもともと含まれている成分なので、注入後にアレルギーが生じる心配はほとんどありません。

また、ヒアルロン酸注入は施術時間が短いのも魅力のひとつです。注入する箇所により多少の差はありますが、30~60分程度で終了。家事や仕事で忙しい女性でも、ちょっとの時間を見つけて受けやすい施術となっています。

ヒアルロン酸は種類が豊富にあり、硬さや持続期間は薬剤によってさまざま。そのため、最適なヒアルロン酸を見つけることが大切です。クリニックを選ぶ際は、ヒアルロン酸を豊富に取り揃えているか確認するようにしましょう。

脱脂

目のたるみの原因となるのが眼窩脂肪です。眼窩脂肪は誰にでもあり眼球を担っていますが、加齢によって眼窩脂肪が前に飛び出し目の下のたるみを引き起こします。その眼窩脂肪を除去する施術が脱脂術です。脱脂術には経結膜脱脂があり、下まぶたの裏側からアプローチして眼窩脂肪を取り除きます。

脱脂術は単体ではなく脂肪注入とセットで行なわれることが多く、よりキレイな目元を実現。脱脂の際に生じやすい、目の下の凹みを予防することが可能です。

ここでは脱脂術の持続期間や効果、ダウンタイムについてまとめています。脱脂がどのような効果があるか詳しく知りたい人は必見です。

脂肪注入

ふっくらとした健康的な目元を実現する脂肪注入。眼球の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)、もしくは太もも・お腹などの体の一部から脂肪を採取し、目の下のくぼんでいる部分に脂肪を注入する施術です。脂肪注入は自分の脂肪を利用するため、アレルギーのリスクが少なくなっています。

メスは使用せず、針で吸引するだけなので傷跡は残りません。施術時間も1時間程度なっているため、気軽に受けられます。注射で行なわれる施術のため簡単に思われがちですが難易度が高く、医師の腕ができ上がり左右。そのため、医師選びはとても重要です。

レーザー治療

目の下のたるみは肌の土台となる真皮層に存在する、コラーゲンやエラスチンが減少することが原因で引き起こされます。レーザーでは真皮層にまで光が届き、コラーゲンやエラスチンを活性化させる役割があるのです。

レーザー治療のメリットは、体への負担が少ないこと。メスを使用しないため、比較的ダウンタイムが少なく済みます。

また、目の下のたるみの改善だけではなくフェイスラインを引き締める・肌のハリやツヤをアップ・細かいしわの解消など、美容面で嬉しい効果も。ここでは施術時間やダウンタイムについてまとめているので、チェックしてみてください。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する