【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド » 目の下のたるみ取りで腫れないために

目の下のたるみ取りで腫れないために

顔の印象を大きく左右する目の下のたるみ。その悩みを解消するために、たるみ取りの治療を考えている方は多いのではないでしょうか。このページでは、治療で起こりうる「腫れ」の症状についてリサーチしました。目の下のたるみ取りで行う治療ごとに、腫れる原因や期間、早くおさまる術後のセルフケアも記載しています。

個人差はありますが、「少なからず腫れる可能性はある」と認識しておいた方がよいでしょう。「できるだけ症状を抑えたい…」という方に、腫れの少ない治療を選ぶポイントも紹介していますので、チェックしてくださいね!

目の下のたるみ取りの説明

腫れの症状を知る前に、まずどのような治療法があるかチェックしましょう。治療の違いを知り、それぞれの腫れるリスクや期間を理解することが大切です。

美容注射

目の下にヒアルロン酸や脂肪を注入する治療法です。皮膚の内側から押し上げることで、くぼみが解消されてふっくらした目元になります。

レーザー治療

YAGレーザーや超音波、高周波といったレーザー機器を使用する治療法です。肌の深層部へ働きかけ、新陳代謝を促すことで肌のキメやハリが整えられます。

脱脂術(手術)

余分な目の下の脂肪(眼窩脂肪)を取り除く治療法。ふくらみタイプのたるみに効果的です。

目の下のたるみ取りは、たるみの種類によって受ける施術法が異なります。また単体で治療を受けるよりも、「脱脂術+美容注射」や「レーザー治療+美容注射」など、組み合わると理想の目元のふくらみに近づけますよ。

腫れの原因

患部の腫れは、局所麻酔や美容注射をする際の注射針、脱脂術のメスなどで目の下を傷つけることで起こります。

自然治癒の力で腫れる

皮膚が傷つくと、体が傷を治すために血管や皮膚の細胞が修復しようとはたらくからです。患部が腫れるのは、体の正常な反応と言えます。体は患部を自然治癒の力で細菌から守り、周辺の毛細血管が発達して栄養分を運搬。それをもとに少しずつ患部の組織が修復されていきます。切らない注射針でも見た目は小さくても刺し傷ができるため、人によっては数日のダウンタイムが発生するのです。

腫れる期間

施術の方法によって、患部が腫れる期間は変わります。

美容注射

腫れることはほとんどありません。「脱脂術+脂肪注射」の施術は、外科治療を行なっているので2~3日程度腫れが続きます。

レーザー治療

術後は少し赤くなりますが、1日でおさまる程度です。ただ、眼窩脂肪(がんかしぼう)を燃焼させるというような使用する機器によっては、1~2週間ほど腫れが続く場合があります。

脱脂術(手術)

人によっては、目立つような腫れが出る場合がありますが、1~2週間程度でおさまります。

腫れの強さや期間は個人差がありますので、あくまで目安として考えてください。

腫れを早くおさめるために

長くても2週間程度でおさまる腫れ。とは言っても顔は人目につくので、早く元に戻るなら戻したいですよね。そのためには、術後にどのようなケアをするかにかかっています。

患部を冷やす

冷やす行為は、炎症を抑えてくれます。術後3日間は腫れの症状が強く出る場合が多いので、氷や保冷材で患部を冷やしましょう。直接ではなく、冷やし過ぎないようタオルで包んで軽くあてるのがポイントです。冷却ジェルシートは含まれている成分が患部を刺激する可能性があるので、あまりおすすめできません。

安静にする

腫れている場合、血行が良くなる行為は禁物です!血の巡りが良くなると、逆に腫れが強くなってしまいます。

運動、湯船に長時間つかる、サウナに入る、飲酒するなど、術後3日間は避けましょう。処方された腫れ止めの薬を服用し、炎症がおさまるのを安静にして待つことが大切です。

頭をなるべく心臓より高く上げる

頭を高くあげると、浮腫みを防いでくれます。頭が低すぎると水分や血流が頭に集まり、浮腫みやすくなるためです。「腫れ+浮腫む」と、さらに幹部が膨らんだように見えてしまいます。夜寝る場合は枕を少し高くし、頭と体が平らな状態にならないようにしましょう。

3つのケアは、いずれも最初の3日間が重要です。術後当日は局所麻酔がもとで患部が腫れますが、数時間程度でおさまるもの。翌日から3日間は腫れが強く出るので、早くおさめるために処方された薬だけではなくセルフケアも行ないましょう。1週間ほど続けると、さらに腫れを抑えることができますよ!

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りで起こりうる「腫れ」の症状。施術を受ける前に、知っておきたいポイントをまとめてみました。

術後数日は腫れると想定しておく
「術後数日は腫れる」と想定しておきましょう。人によって症状が出ない人、長く続く人と違いはあります。治療を受ける際には、余裕を持ったスケジュールを立てておくことが大切です。

治療法のダウンタイムをチェックする
目の下のたるみ取りには、大きく分けると3つの治療法があり、腫れの症状や期間が異なるのでダウンタイムをチェックしておきましょう。

腫れの少ない治療を選ぶ
やはり「腫れの少ない治療」を選ぶことが重要です。どのように選べばいいか、当サイトを監修しているたるみ治療の名医「筒井祐介」先生に腫れない治療、クリニックの見分け方などをインタビューしました。

プロのアドバイスをもとに、目元の悩みを解消していきましょう。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する