【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド » 目の下のたるみ治療 みんなの不安をチェックしてみた

目の下のたるみ治療 みんなの不安をチェックしてみた

目の下のたるみ治療を考えているなら、実際に施術を受けた方の口コミをチェックしておくのも大切です。施術前・施術後の不安や疑問点など、口コミを参考にすることで解決できる問題もたくさんあります。

ここでは施術前・施術後の方の口コミを、医師のコメント付きでまとめました。これから施術を考えている方は要チェックです。

目の下のたるみ治療に不安がある方の口コミ

Q.ヒアルロン酸を入れていても施術できますか?

半年前にヒアルロン酸のボリューマをこめかみ、頬、顎に注入しました。現在は目の下の影クマが一番気になるため、目の下の脱脂と脂肪注入を考えていますが、ボリューマがまだ残っている状態で施術するのは不可能でしょうか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/17321)

医師からのコメント

「ヒアルロン酸が残っている状態で施術を受けても問題ありませんが、頬のボリュームに関しては注入されたボリューマがまだ残っている状態ですので脂肪の注入量が少なくなる可能性はあります。目の下のタルミを脂肪注入で治療する場合、頬のボリュームロス部にも注入するので、頬にボリューマが残っていると注入すべき量が分かりにくくなります。」大塚美容形成外科:石井秀典先生

「脱脂、脂肪注入より、「裏ハムラ」の方が出来上がりが綺麗で長く維持されます。その場合は、ヒアルロン酸があっても大丈夫だと思います。」カリスクリニック: 出口正巳先生

「(前略)残っている状態でも可能ですし、一旦ボリューマを溶かしてから脂肪注入することも可能です。一度担当医に相談してみて、最善を選ばれるといいと思いますよ。」大西皮フ科形成外科医院: 大西勝先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/17321)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみを治療したくても、既に注入治療をしていると不安になるもの。ヒアルロン酸が残っていても目の下のたるみ取りはできるので、大きく気にすることはないでしょう。医師からも問題ないとコメントされています。どうしても気になるなら、いったんヒアルロン酸を溶かす薬剤を注射したうえで施術を受けることをおすすめします。

ただ、脱脂や脂肪注入を行う場合はヒアルロン酸が残っていると注入すべき量がわかりにくくなることも。なるべく効果を実感したいなら、脂肪注入よりもハムラ法が向いていると考える医師もいるようです。

どちらの方法も不可能ではないので、担当医と相談したうえで自分に合った施術方法を選びましょう。

目の下のたるみ研究所

Q.傷跡がケロイドにならないか不安

目の下のたるみが気になります。脱脂ではなく裏ハムラという方法を検討しているのですが、ケロイド体質で怪我や病気で縫った所が全てケロイドになっていて手術をすることに迷っています。(後略)

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/16975)

医師からのコメント

「結膜はケロイドになりませんし、裏ハムラでは下まぶたの瞼板より下側で切開しますので、百歩譲って傷跡が盛り上がっても勿論見えないし眼球に当たることもありません。」カリスクリニック:出口正巳先生

「私は今までに結膜のケロイドもしくは肥厚性瘢痕は見たことがありません。また、学会でもそのような報告を聞いたことはありません。結膜の切開は問題ないと思います。」大塚美容形成外科:石井秀典先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/16975)
目の下のたるみ研究室

体質によって受けられない施術も多くあるので、施術した後に悪化しないか不安に感じる方もいます。もともと傷跡がケロイドになりやすい場合、切開手術に不安を感じるのはもっともです。

医師によると、裏ハムラ法には塗ったり抜糸したりという工程がありますが、下まぶたの瞼板より下の結膜を切るため、ケロイドになることはないそう。今まで結膜にケロイド症状が出たという報告もないため、切開手術は問題ないと考えられます。

眼球よりも下側を切るので、もし盛り上がったとしても眼球に当たることがなく、目を傷つけるリスクは低いでしょう。ただ、皮膚の表面を切る場合はケロイドになる可能性が高いので、脱脂や注入治療は控えたほうが良いかもしれません。

目の下のたるみ研究所

Q.施術後のスイミングは大丈夫?

(前略)目の下のたるみがとても気になってるいます。ヒアルロン酸もしくはprp治療を考えております。もし、そのような薬剤が目の周りに入った場合圧迫などは当然いけないと思いますが、スイミングスクールでのゴーグル使用は如何なものでしょうか?(後略)

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/14128)

医師からのコメント

「(前略)ヒアルロン酸の種類やどのような治療をするかによってゴーグル等の装着可能な時期が変わってまいります。ヒアルロン酸注入やPRP治療ですと定着するまでは数日から数週間みて頂きますが、ゴーグル程度であれば2週間程間隔を空ければ大丈夫かと思われます。(後略)」東京中央美容外科:大西雅樹先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/14128)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りをする際、ヒアルロン酸を注入する方が多くいますが、やはり運動するときに影響がないか気になるようです。

スイミングの場合は、ヒアルロン酸の種類や注入量などによってゴーグルを付けられる時期が変わるため、なるべく2週間前後はしないほうが良いとのこと。定着まではもう少し時間がかかりますが、2週間を過ぎれば問題ないと考えて良いでしょう。

スイミングに限らず、趣味や仕事でゴーグルをつける方も、施術を受ける予定があるなら2週間は余裕を持っておくと◎。十分な効果を得るためにも、施術後は安静にしてください。

目の下のたるみ研究所

目の下のたるみ取りを受けた方の口コミ

Q.目の下のたるみとり後の後遺症について

去年の4月に 目の下のたるみとりをしてもらいました。ハムラ法でした。(中略)目の下がいつも重だるく、下の方に引っ張られてるような感じがします。脂肪を固定して頬の筋肉を上に糸で上げてるようです。(中略)目も疲れやすく人と話したり笑ったりしたら涙目になり自然と涙が出たり 、洗顔やシャワーを浴びてる時も 目を瞑ってても 目の両端から 水が入ります。糸を取ることができるのでしょうか?糸をとったら 外反やあっかんべー状態になりますか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/9750)

医師からのコメント

「(前略)手術をしたクリニックに頬の筋肉を吊り上げている糸の材質を確認して、抜去できるか確認してみてはいかがでしょうか?」白山クリニック: 牧野太郎先生

「どこをつり上げて固定したかは施術した先生にしかわかりませんので、手術なさったところの先生にたずねられてください。」白山クリニック:早川宏司先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/9750)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りをした方の中には、ひきつれや目の疲労を感じる方も。特に切開手術は結膜や皮膚を切るためダウンタイムも長く、未熟な医師が行うと後遺症が残るリスクがあります。

解決策としては、抜糸して固定している脂肪と筋肉を元に戻すことが挙げられますが、他のクリニックでは材質や施術の詳細がわからないため、担当した医師に再度確認しなくてはいけません。

また、再手術するにしても糸を取る場合はダウンタイムがありますので、腫れや内出血などの症状が治まってから行いましょう。無理に施術をすると目の疲れやひきつれがひどくなることも考えられるので注意が必要です。

目の下のたるみ研究所

Q.痛みの原因が知りたいです

2011年にクリニックで目の下のたるみをわからなくするようヒアルロン酸を入れてもらいました。2年後くらいから時々、ヒアルロン酸を注入した周辺の痛みがありましたが続くものではなかったので自宅で冷やす程度でしたが、2016年か17年頃からほんの少しづつ茶色ぽいシミのようになって、(中略)ヒアルロン酸を注入した周辺の痛みも増えてきました。まだヒアルロン酸が残ってるようで、表情を歪めるとヒアルロン酸を注入した箇所がぷっくりと浮き出ます。(中略)痛みの原因はヒアルロン酸なのでしょうか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/17470)

医師からのコメント

「(前略)ヒアルロン酸が残っているかどうか、痛みの原因がヒアルロン酸なのかどうかという判断は(中略)難しいですね。しかし、一旦ヒアルロン酸を溶かす「ヒアルロニダーゼ」を打ってみる方法がいいと思いますよ。(後略)」大西皮フ科形成外科医院:大西勝先生

「(前略)2011年に注入したヒアルロン酸が現時点で残存していることは少ないかと思いますが・・・気になるようであればヒアルロン酸溶解剤を注射してみるのも手だと思いますよ。(後略)」あいち栄クリニック:横山侑祐先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/17470)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りでヒアルロン酸を入れたときに痛みを感じる場合、まずは原因を調べる方が良いようです。医師のコメントでは、見た目だけでは判断が難しいため、気になる場合は入っているヒアルロン酸を溶かす注射を打ってみてはどうかという提案をされています。

8年以上前に入れたヒアルロン酸が残っている可能性は少ないかもしれませんが、まったく事例がないわけではありません。一度クリニックへ行ってみて、残っていないかどうか確認するのが良いでしょう。

また、他の原因があるかもしれないので、施術したクリニックで原因がわからない場合はセカンドオピニオンを検討することも念頭に入れておいてください。

目の下のたるみ研究所

Q.目の下のたるみが再発

1年半前にハムラー法で目の下のたるみをとりました。その後半年ぐらいしてコラーゲン生成レーザーを受けたところ、1か月ほどして目の下が腫れはじめ、目の下もたるんできました。同時にドライアイ?で朝起きたときは目を濡らさないと目が開けられません。日中も目の下がずきずきすることがあります。目の下の腫れは起床時が一番ひどく、眼科にも通院しましたが改善しません。美容的な観点も含め治療したいのですが・・どのような治療法がありますか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/treatment/dr_qa/1600)

医師からのコメント

「(前略)現在の下まぶたの詳しい状態が解りませんが、下まぶたが眼球からういてしまっているときにご相談のような症状が出る場合があります。下まぶたのたるみもあるとのことですので、もう一度下まぶたのたる三鳥の手術を行うとともに、下まぶたが眼球から浮いてしまっているのを改善する手術を行うことが可能です。(後略)」池本形成外科・美容外科:池本繁弘先生

「(前略)レーザーのせいでたるんできたというより、手術後の傷の落ち着いたことに伴い、皮膚がしっかりとれていない部分が目立ってきたという事かもしれません。美容外科的な治療としては再度同じ手術をなさるとよいかと思いますが、また同じようなことをしたくないという方は、主治医の先生とご相談されるとよいかと思います。フラクショナルCO2レーザーなどが皮膚の改善にはおすすめです。ヒアルロン酸をうまく使って症状が劇的によくなる方もいらっしゃいます。ちなみに眼科のドライアイは、根本的に涙を増やすのは難しいので、涙をロスしないように出てきた涙を鼻の方に排泄させないよう涙点を閉じる治療などで改善する場合もあります。眼科の先生とご相談ください。」ブリスクリニック:田尻豊和先生

「患部を拝見しておりませんので詳しく診断できかねますが、わかりやすく言うと目の下の筋肉を骨膜に固定することで現在の症状を改善することができます。 まずはお近くのクリニックへご相談に行かれてみてはいかがでしょうか?」エストクリニック:小平典弘先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/treatment/dr_qa/1600)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りをした後、一時は改善されても何かが原因で再発してしまうことがあるようです。ドライアイや周辺の腫れなどもある場合、生活に支障が出るので早めに改善する必要があります。

下まぶたが眼球から浮いている、術後のダウンタイムなどさまざまな可能性が考えられますが、たるみはハムラ法やヒアルロン酸注入などで再手術、ドライアイは涙点を閉じるなどの治療で改善することがあるようです。

治療する際は医師に診断してもらい、最適な方法を一緒に考えましょう。自己判断は症状を悪化させる危険性があるので、コメントで述べているようにクリニックで相談してみることが大切です。

目の下のたるみ研究所

Q.施術してからまぶたにふくらみが…

二週間前に下瞼切開によるたるみ取り手術をうけました。(中略)抜糸後、右下瞼に大豆大の膨らみができました。固いです。手術したクリニックでは、血液みたいけど、再度切開して出すほどではない、吸収してなくなるから大丈夫と言われました。このまま様子を見ていて大丈夫でしょうか?どのくらいで吸収されてなくなりますか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/12066)

医師からのコメント

「術後の出血のかたまりを皮下血腫といいます。下まぶたの術後のリスクとして起こりえる事象です。皮下出血が起きた際には早めに止血と洗浄が必要になります(中略)。自然吸収は血腫の大きさによりますが、大豆大でしたら1~2か月程度だと思います。」大塚美容形成外科:石井秀典先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/12066)
目の下のたるみ研究室

下まぶたを切開してたるみ取りをした場合、皮膚内で出た血が固まってしまうケースが見られるようです。医師からは下まぶたの術後のリスクとして指摘されており、早めに止血と洗浄が必要とのコメントも。

ただ、時間をおけば自然に吸収されることもあるため、忙しくてクリニックへ行くのが難しい方は吸収されるまで待ってみるのも一つの手です。大豆ほどの大きさなら1~2ヶ月とのことなので、2ヶ月以上たってもそのままなら、クリニックで相談しましょう。

とはいえ、人目に付きやすい顔の悩みはなくしておきたいもの。できるだけ早めにクリニックで相談して、どう治療するか決めることが改善への第一歩です。

目の下のたるみ研究所

Q.ヒアルロン酸を注入したらさらにたるみが…

1か月前に、エセリスソフトを目の下に0.2ccづつ入れたもらい、とても気に入りました。1か月後、少しタルミが出てきたので、取り置きしていた残りのエセリスを注入したのですが、1回目と違い、目の下に蚊にさされたように膨らみが出て、脂肪でタルんだ人のようになり、余計にタルミが目立つようになりました。(中略)毎日、職場の人からも「疲れてる?」「目の下たるんでない?」とジロジロとみられ、憂鬱な日々が続いています。(中略)どのように対処してもらうべきでしょうか?

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/626)

医師からのコメント

「(前略)眼の下のヒアルロン酸注入ですが、この部位は簡単そうで意外と難しい部位です。(中略)もし、膨らみすぎたとしたら、まずはヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸溶解注射)を注射し、一度リセットするのが良いと思います。ヒアルロニダーゼはまれにアレルギー反応があるのでテストをして問題なければ注射は可能です。(後略)」松下皮フ形成外科:松下博明先生

「(前略)ヒアルロン酸を溶かすヒアルロニダーゼを注射して元に戻してから、もう一度考えてみてはいかがでしょう。(中略)弛んでシワが生じた下眼瞼にヒアルロン酸を注入することはお勧めしません。最善策は下眼瞼切開です。技術とセンスに差はありますが、下眼瞼のタルミやふくらみが解消されるばかりか、その下のゴルゴラインや法令線も改善します。(後略)」コムロ美容外科:小室好一先生

「(前略)今の状態がストレスになるようであれば、ヒアルロン酸を溶かすということが解決策の1つです。(中略)また、目元のたるみが気になる場合、ヒアルロン酸で改善することもありますが、場合によってはたるみを取る手術を行った方が、若々しい印象を得ることもできます。(中略)手術をされたほうがよい場合やヒアルロン酸で改善する場合など、患者様お一人お一人の肌質によっても異なりますので、施術を受ける際には医師やカウンセラーとしっかりご相談し、信頼できるクリニックにお任せするのがよいでしょう。」エストクリニック:小平典弘先生

「溶解注射で注入前のご状態に戻す事ができます。(中略)信頼出来るクリニックへ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。」名古屋中央クリニッククリニック名:鈴木秀明先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/626)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみがヒアルロン酸注入でひどくなってしまった場合、ヒアルロン酸を溶かす薬剤を注射したうえで改めて施術方法を検討するのが良いでしょう。ただし、まれにアレルギー反応が出る方もいるため、医師に確認したうえで受けてください。

肌の状態によっては再度ヒアルロン酸を入れても効果が薄いため、切開手術をすすめるケースがあります。ゴルゴラインやほうれい線までたるみの影響が出ている場合は、医師のコメントのようにヒアルロン酸よりも切開手術を行ったほうが改善できるかもしれません。

あまりにも気になる場合は下眼瞼の切開や他のたるみ取り施術を行うのも一つの手ですが、まずは医師にたるみの状態を確認してもらい、自分に合った施術を選択しましょう。

目の下のたるみ研究所

Q.ふくらみが取れなくなりました

目の下のたるみ取りとゴルゴ線治療で脂肪注入をしました。どっちも治らず、目の下の線については、膨らみが取れずにどうしていいのかわかりません。指で押すとシワがとれるので肥厚性瘢痕かのか、脂肪注入失敗なのか、よくわからずに、このまま治らないのでしょうか、、

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/14192)

医師からのコメント

「(前略)術後の腫れであれば、1ヶ月から3ヶ月待っていれば、自然に治るのではないかと推測します。施術した担当医にご確認をお願いします。」船橋ゆーかりクリニック:寺田伸一先生

抜粋元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3000624/feeluneasy/dr_qa/14192)
目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りをしたときに異常があると、このまま治らなくなるのではと不安になる方も多いでしょう。

目の下のたるみ取りと他の治療を合わせて行っている場合、施術法によってはダウンタイムが長くなってしまう可能性もありますので、最低でも1ヶ月は待って様子を見てください。指で押すと一時的に元に戻ることもありますが、施術後の皮膚に刺激を与えることはなるべく避けるのがベターです。

3ヶ月以上治らない場合は、施術を受けたクリニックで経過をチェックしてもらいましょう。

目の下のたるみ研究所

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

目の下のたるみ取りは施術によってダウンタイムの長さやリスクが異なるため、自分に合った施術を選択しないとたるみが悪化したり腫れたりします。事前に医師の診察を受け、肌質やアレルギーなどに注意したうえで検討しましょう。万が一トラブルがあった場合の対応策も医師のコメントと一緒に紹介しているので、術後で不安を感じている方も参考にしてみてください。

口コミを見てみると施術に不安を感じる方や、施術後に後悔する方も少なくありません。目の周辺は失明する可能性もあるため、手術を成功させるには高い技術力が求められます。

なるべく失敗のリスクを減らすためにも、薬剤の注入量や注入部位、切開する場所などを熟知している、実績が豊富な医師にお願いするのがおすすめ。医師の所属学会や経歴を確認し、カウンセリングや診察の際にメリット・デメリットをきちんと説明してくれる方を選んでください。

クリニックはポイントを踏まえたうえで信頼できるところが◎。クリニックごとに得意な施術や料金設定は違うので、しっかり下調べをしておくことがたるみのない肌を手に入れる第一歩です。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する