【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド » 内出血がイヤ…目の下のたるみ取り

内出血がイヤ…目の下のたるみ取り

「人目につく顔だから、内出血が出るのはちょっと…」思うのが乙女ゴコロ。いくつになっても、その気持ちは誰でも変わらないはずです。目の下のたるみで悩んでいるのに、これ以上悩みが増えるのは避けたいですよね。

ここでは、目の下のたるみ取りで起こうる内出血の原因や症状が出る期間、はやくおさめる方法を紹介します。レーザー治療、美容注射、手術といったメニューの内容で内出血が出る可能性も異なるので、たるみ取り治療選びの参考にしてください。

目の下のたるみ取りの説明

目の下のたるみ取りには、3つの種類があります。

美容注射

くぼみタイプのたるみ取りに向いている治療法です。くぼみ部分にジェル状の成分を注入し、皮膚の内側からふっくらさせます。注射針を使用するので、人によっては稀に内出血が出る場合があります。

美容注射による目の下のたるみ治療を見る

レーザー治療

YAGレーザーや、超音波エネルギーなどのレーザー機器を使用する治療です。腫れや赤みが少し出る場合はありますが、内出血はありません。定期的に通うことで、たるみを取り除けます。

レーザーによる目の下のたるみ治療を見る

手術

脱脂術で、たるみの根本的原因である眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り除く治療法です。

一度の治療で持続する期間は10年以上。メスを使用するため、個人差はありますが内出血が出る場合があります。クリニックによっては、メスを使用しない高周波レーザーで治療しているところも。

手術による目の下のたるみ治療を見る

内出血の原因

目の下の余分な脂肪を取り除く脱脂術において、内出血が起こる可能性があります。目をギュッと強く閉じたり、くしゃみや咳などで、一時的に顔の血圧が上昇することが原因と考えられています。

ほかにも、止血処置の方法の甘さがあります。医師の処置が甘いと、内出血が起こる確率が上がってしまうのです。ほかにも過去に手術を受けている場合、2回目は体への負担が増えてしまうので、内出血や腫れるリスクが高くなります。

内出血の期間

症状の重さや期間は個人差がありますので、あくまで目安として考えてください。一般的には、術後1週間~2週間程度で内出血はおさまります。手術中や術後すぐには出ず、24時間経ってから出ることがほとんど。自宅に帰った後、翌朝に自分の顔を鏡で見て気づくことが多いようです。

数日経つと、赤く見えていた血液部分が変化して、一部皮膚が黄色く見える場合がなります。これは内出血が消える前のステップなので、心配ありません。大抵はメイクで隠せるレベルの症状ですが、隠せないほどの内出血はすぐに医師へ相談しましょう。

内出血を早くおさめるために

内出血は術後24時間以内が一番起こりやすいので、術後は安静にしましょう。とくに最初の12時間の過ごし方が大切です。

家で気をつけるポイント

患部を冷やす

術後2~3日は、患部を直接冷やすことで内出血が抑えられます。ただ、冷やし過ぎは注意!冷やせば冷やすほど内出血が早くおさまるわけではありません。時間が経つにつれて、冷やす効果は薄れていきます。術後1週間経ったら、患部を温めましょう。内出血の吸収が早くなります。医師の指導のもと、冷やす・温める行為を行なうとより効果的です。

目に力を入れない

目が疲れてくると、ギュッと閉じたくなりますよね。目に力を入れると内出血を起こす原因になるので、術後1週間程度は控えましょう。疲れ目には目を冷やすことが効果的です。患部も冷やせるので、一石二鳥ですね。

入浴、温泉、サウナは控える

術後当日は入浴を控え、シャワーを使用しましょう。患部を濡らさないように要注意です!温泉やサウナなど、体を温めるような行為は、1週間後からOK。それまでは控えるようにしましょう。

運動や顔のマッサージを控える

体を動かすと血の巡りが良くなるため、術後1週間程度は控えるようにしましょう。目の下のたるみ治療を受ける場合、1週間は安静にするようなスケジュールをとっておくとベスト。顔のマッサージも血行を良くし患部を刺激してしまうので、術後1ヵ月は我慢です。

内出血が少ない治療・クリニックを選ぶ

術後のケアも大切ですが、目の下のたるみ取り治療を選ぶ際に内出血の少ない治療を選ぶことも大切です。治療ごとのメリットやダウンタイムを確認しましょう。内出血の症状の大きさは個人差がありますが、医師のスキルに左右される部分が大半を占めていると言われています。効果だけを見るのではなく、リスクやダウンタイムのチェック、医師の手術実績も重要なチェックポイントです。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

「内出血は1~2週間程度でおさまる」「メイクで隠せる程度」と言っても、できるのなら症状をおさえて内出血を避けたいですよね。

目の下のたるみタイプごとに適している治療がありますが、リスクを減らして希望の仕上がりを手に入れるためには、対応する医師のスキルとクリニック選びが大切と分かりました!

クリニックには目の下のたるみ治療を専門としているところもありますので、その中から選ぶことをおすすめします。カウンセリングを受け、細かく説明してくれるか、仕上がりのイメージができるかチェックしましょう。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する