【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド » 目の下にふくらみができる原因とは

目の下にふくらみができる原因とは

目の下のたるみとかかわりが深い症状として、目の下のふくらみがあります。目の下がふくらむと頬に影ができて黒いクマのように見えてしまうだけでなく、実際はたるんでいなくても、目の下がたるんで見えてしまうのです。

ここでは目の下のふくらみの原因や種類、改善するための治療などを紹介しています。もし現在目の下のふくらみがあり、実年齢よりも上に見られることがある場合はチェックしておきましょう。ふくらみがない方も、今のうちから気にかけておくことが大切です。

目の下のふくらみができる原因

加齢による眼輪筋のゆるみ

目の下がふくらむ原因は、眼球を支えているロックウッド靭帯がゆるみ、目の周りにある眼窩脂肪を押し出してしまうことが挙げられます。ロックウッド靭帯は目をハンモックのように支えているので、目の下側にある眼窩脂肪が押されてふくらみをつくるのです。眼窩脂肪がもともと多い方はふくらみができやすいとされています。

頬上の脂肪(メーラーファット)が少ない

目の下から頬にかけて存在するメーラーファットという脂肪が少ない方は、目の下のふくらみができた場合に影クマが深くなり、より目の下がたるんでいるように見えます。また、加齢によってメーラーファットが下がってくると、眼輪筋が透けて赤クマになってしまうことも少なくありません。

頬骨やミッドチークの高さも重要な要素です。眼窩脂肪が多く頬骨やミッドチークが低いと、加齢によってロックウッド靭帯が衰えたときにふくらみが目立ちやすくなります。

目の下のふくらみを改善する方法

目の下のふくらみは眼窩脂肪が押し出されたものなので、クリニックの美容医療以外では改善できません。ふくらみが気になる方の中には、セルフケアでどうにかしようとして失敗したケースも。現状、目の下のふくらみはセルフケアで治すのが難しい症状です。

だからと言って放置すれば、歳を重ねるごとにふくらみが目立つ一方。早めに目の下のふくらみを解消したいなら「手術をしなくても大丈夫」ではなく、クリニックで診察してもらい適切な施術を受けましょう。

手術(脱脂)

目の下のふくらみは押し出された眼窩脂肪を切除する脱脂術が一般的な治療となります。ただし、メーラーファットが少ない場合は眼窩脂肪を切るだけだと目の下全体がへこみ、影を作ってしまいます。すると黒クマの症状がひどくなり、余計に老けた印象を与えてしまいかねません。そのため、手術する際は目の下のふくらみと併せてメーラーファットにも配慮する必要があります。

目の下のふくらみをとる施術は脱脂のみとそれ以外の施術を組み合わせた方法の2種類。眼窩脂肪の量やメーラーファットによって適した施術は変わってきます。ただし切開手術にはダウンタイムがあるので、特徴や効果などを踏まえたうえで検討しましょう。

脱脂術+リポトランスファー

クリニックによっては脱脂だけでなく脂肪注入を併用しているところも。メーラーファットが少なく眼頬溝がハッキリしているときは、脱脂だけでは改善されません。そのため、目の下が必要以上にくぼまないよう、ふくらみの中の脂肪を切除した後に目の下に脂肪を注入することで、すっきりした仕上がりに。脱脂を行うことで生じたへこみをある程度整えられるため、よりきれいな仕上がりを求める方は脱脂とリポトランスファーを併用する方法をおすすめします。

脱脂術による治療を詳しく見る

目の下のふくらみが大きくなるとどうなる?

目の下のふくらみは加齢とともに大きくなることが多いようです。目の下がふくらむと影ができ、老けた状態に見られやすくなります。ふくらみが大きくなった場合、どういったデメリットがあるのか見ていきましょう。

ふくらみの下に影ができ黒いクマに

目の下がふくらむと、下側の部分が影になって「影クマ(黒クマ)」ができます。ふくらみが大きくなれば影クマも濃くなり疲れた印象を与える顔に。クマがないときと比べてかなり老けて見えます。

また、改善するために脱脂術だけを行った場合、メーラーファットを考慮していないと目の下が全体的にへこむことに。影ができる範囲が広がってしまうため、症状は悪化します。

目の下がたるんで見える

実際にはたるんでいなくても、目の下のふくらみができることでたるんで見えるように。実年齢よりも上に見られるばかりか、影がかかって顔色が悪いと思われることも少なくありません。

ふくらみが小さくてもメーラーファットが少ない方は要注意。ふくらみが目立ちやすくかなりたるんでいるように見えてしまいます。

目の下のふくらみを治療するときの注意点

美容医療と言っても、受けられる施術はクリニックによって違いがあります。施術を検討しているなら、注意するポイントも押さえておきましょう。ドクターの実績や料金などを事前に調べておくことで、満足いく施術を受けられる可能性が高くなります。

実績があり信頼できるドクターを選ぶ

目の下のふくらみを改善する施術を受ける場合は、経験豊富なドクターを選びましょう。切開手術のため、医師の腕が未熟だと脂肪の取り過ぎで目の下がくぼんでしまったり、逆にふくらみが残ってしまったりという可能性も。技術力があり、手術の実績が多いのであれば、失敗のリスクも低いといえます。

また、信頼できるかどうかも大切です。カウンセリングや施術前の説明など、メリット・デメリットやリスクなどをしっかり説明してくれるドクターであれば、安心して任せられるでしょう。

事前に治療にかかる料金を調べておく

当たり前ですが、料金はクリニックによって変わってきます。事前にホームページや施術を受けた方の口コミから、予算の範囲内で受けられるのか確認しておくのがベター。

格安料金につられて、結果的に通常料金より高くなってしまわないよう気を付けましょう。カウンセリングや麻酔、アフターケアなどのオプションも込みの値段をチェックしておくと安心です。

目の下のふくらみを改善できる施術かどうか調べたうえで、無理なく施術できるクリニックを選んでくださいね。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

老けた印象を与える目の下のふくらみは、早めに改善したいもの。できた原因を踏まえて、適切な治療を受けられるように努めましょう。ここでは施術を受けるうえで大切なことをまとめました。

間違ったケアをしない
目の下のふくらみは眼輪筋や目の靭帯がゆるんできていることが原因で起こりますが、間違ったケアをすると症状が悪化することがあります。決してセルフケアで何とかしようとせず、医師の判断のもと適切な治療を受けましょう。影クマだけでなく赤クマができている場合は眼窩脂肪だけでなくメーラーファットも下に垂れている可能性が高いため要注意です。

実績があるドクターを選ぶ
目の下のふくらみを解消する場合、押し出された眼窩脂肪を取り除く切開手術を行います。切開は皮膚や結膜を傷つけるためダメージも大きく、ダウンタイムも比較的長めです。だからこそ、リスクをなるべく減らすためにも手術の実績があるドクターにお願いするのがベター。無料カウンセリングやメール相談などを活用して、信頼できる医師か見極めたうえで施術を受けましょう。

クリニックごとの料金や施術内容を事前リサーチ
当たり前ですが、クリニックによって料金は異なります。無理のない費用で効果の高い施術を受けるには、クリニック選びが大切。口コミを活用して、納得できるところを探しましょう。実績があるか、腕の良い医師がいるかどうかも調べておくと安心です。

目の下はとても繊細な部位なので、処置を間違うと状態が悪化しかねません。自分の人生に関わる大切な施術だからこそ、うまい言葉に乗せられて損をしないよう、クリニックへ行く前にリスクマネジメントとして情報収集をしておきましょう。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する