【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド

目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド

「実年齢よりも老けて見えがち…」「目元が気になるようになった…」と、年齢を重ねるごとに目の下のたるみで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消し、見た目年齢が若返る目の下のたるみ取り治療は、女性の強い味方と言えます。ですが、気になるのは治療のリスク。起こりうる失敗やダウンタイム、具体的な症状などをまとめてみました。事前にリスクと対処法を把握しておくことで、理想的な目元へとグッと近づけるでしょう。

知っておきたい!目の下のたるみ取りのリスク

リスクを避けるためには、まずどのような失敗があるか知ることが大切です。想定されるリスクは、どれも防ぐことができます。対処法や失敗の少ない施術を学び、不安を解消できるクリニック選びの参考にしてくださいね。

目の下のたるみ取りで、どんな失敗があるの?

施術で起こりうる失敗をまとめています。ふくらみタイプの目の下のたるみは、余分な眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り除けば解消できます。ですが、最低限必要な脂肪まで取りすぎてしまい、逆に目の下がくぼんでさらに施術が必要になったという失敗ケースが。

ほかにも左右差が出た、よりたるみが目立つなんて失敗も起こりえます。「やっぱりたるみ治療はちょっと…」と思うのは早いです!どれも対処法を知っていれば、防げるもの。ここでは、各失敗を避ける方法やたるみ取り治療にポイントを紹介しています。

目の下のたるみ取りのダウンタイムは?

治療を受けた後、どのような症状がどれくらいの期間出るのか気になりますよね。ここでは、目の下のたるみ取り治療のダウンタイムをまとめました。

ダウンタイムといっても、レーザー治療・美容注射・手術といった施術の種類によって異なります。各施術で想定される症状のほかに、術後に気を付けたいセルフケアのポイントもリサーチ。きれいな仕上がりの目元にするためには、施術をして終わりではなく術後のケアも大切です。

目の下のたるみ取りで腫れないために

施術の種類によって、腫れる可能性や期間は異なります。クリニックによって、腫れないために極細針を使用したり高周波レーザーメスを使用したりと、さまざまな取り組みを実施しているんです。それでも、体質で腫れやすい方がいるのも事実。症状に個人差はありますが、誰でも術後は腫れると認識しておきましょう。 症状をおさえるために、自宅でできるセルフケアを紹介しています。きちんとケアをしていれば、早くきれいな目元を手に入れられますよ!

内出血がイヤ…目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取りで、内出血がなぜ起こるのか原因や期間をリサーチしました。レーザー治療では内出血は起こりませんが、美容注射や脱脂術では針やメスを使うため、内出血が起こるリスクが高くなります。人によって症状の重さや期間は異なりますが、ずっと続くものではありません。

目安期間より長くなると手術をする必要がありますので、すぐ医師に相談することが大切です。一番は、内出血が起こらないこと。そのための治療法やクリニックの選び方もまとめています。

目の下のたるみ取りによって起こる合併症とは?

目の下のたるみ取りには、高い技術力を求められる施術があります。どのような施術でどのような合併症が起こりやすいのかまとめました。

悩みを解消したくて施術を受けたはずなのに、悩みが増えたなんてことは避けたいもの。事前に知っておきたい目の下のたるみ取りのポイントも紹介しているので、これから治療を受けたいと考えている方はチェックしてくださいね。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する