【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド

目の下のたるみ取りのリスクとは?不安解消ガイド

「実年齢よりも老けて見えがち…」「目元が気になるようになった…」と、年齢を重ねるごとに目の下のたるみで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消し、見た目年齢が若返る目の下のたるみ取り治療は、女性の強い味方と言えます。ですが、気になるのは治療のリスク。起こりうる失敗やダウンタイム、具体的な症状などをまとめてみました。事前にリスクと対処法を把握しておくことで、理想的な目元へとグッと近づけるでしょう。

知っておきたい!目の下のたるみ取りのリスク

リスクを避けるためには、まずどのような失敗があるか知ることが大切です。想定されるリスクは、どれも防ぐことができます。対処法や失敗の少ない施術を学び、不安を解消できるクリニック選びの参考にしてくださいね。

どんな治療にもリスクはある

目の下のたるみ取りに限らず、どんな手術にもリスクはあります。人の見た目がさまざまあるように、体質も人によって違います。Aさんには大丈夫な手術でも、Bさんにはリスクが大きすぎるなんてことも。そのため、目の下のたるみを取る手術にどんなリスクがあるのかを調べずに、治療を受けるのはかなりリスキーです。また、医師の説明が不十分なのに、勧めるままに治療を受けてしまうのも、リスク回避という観点からは危険が伴います。

有名人だからという理由だけで選ばない

テレビや雑誌などで目にする機会の多い著名な医師だから、という理由だけで選ぶのもリスクにつながる可能性があります。名医とされていても、得手不得手や得意分野などは、医師によって違うためです。また、医師によって治療方針も異なります。自分に合った治療かどうか、方針に納得ができるかといった点を抑えてクリニックを選ぶようにしましょう。

切る方法だけではないことを知っておく

目の下のたるみを取るには、切開を伴う手術のほかにレーザーや注入治療などもあります。たるみやたるみによって生じるクマのタイプで、適した方法が異なるため、切るしかないと思いこむのは危険です。人によっては、切開のみではなく脱脂や切らない手術を併用するケースもあります。

切るたるみ取りの方法のリスク

メスを使う手術では、皮膚を切除して引き上げる・切開して脱脂したうえで引き上げるといった方法が取られます。痛みを感じないよう麻酔の必要があり、切開するため感染症や内出血、腫れといったリスクがあります。麻酔は人によってアレルギーがあるため、事前に伝えるか調べるかしておくのがいいでしょう。内出血や腫れは、人それぞれ症状の重さは異なりますが、血液をサラサラにする薬を服用している人は必ず医師に伝えて、手術が受けられるか聞いてください。自身の体質や体調、服用している薬の作用を把握しておくことが、リスク回避に繋がります。

切らないたるみ取り方法のリスク

高周波やレーザー照射でたるみを引き上げる治療では、肌の赤みや火傷といったリスクがあります。ヒアルロン酸やボトックスなどを用いた注入治療では、注入剤が体に合わずアレルギーを起こしたり体調不良になったりといったリスクがあることを知っておきましょう。事前に医師と相談して、そうしたリスクが回避できるようにしておくのが◎です。アレルギーは、ある日突然起こるケースがあります。これまで同様の治療を受けていたから大丈夫と思わずに、確認するようにしましょう。

100%安全な手術はあり得ないと考えて情報収集を

医師の腕がいいから、使用している機器が最先端だからといって100%成功し安全な手術はありません。人が行うことのため、どうしても失敗してしまうリスクは生じてしまうのです。しかし、目の下のたるみを得意として症例数が多い医師は、そうでない医師に比べてリスクは下がるでしょう。安全性が高められた最新鋭の機器は、そうでない機器よりも失敗は少ないはずです。そうした情報を取捨選択することで、起こり得る失敗というリスクを減らせます。絶対に成功する手術というのは保証できませんが、リスク回避は可能です。

自分の体のことなので、医師任せにせず患者自らリスクについて知っておくことが大事になってきます。

目の下のたるみ取りで起こり得るリスクや回避方法、ダウンタイムなどについてまとめました。

目の下のたるみ取りのリスクやダウンタイム、気を付けたいポイント

目の下のたるみ取りの施術を受ける際に気を付けたいポイントについてまとめました。

目の下のたるみ取りで、どんな失敗があるの?

施術で起こりうる失敗をまとめています。ふくらみタイプの目の下のたるみは、余分な眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り除けば解消できます。ですが、最低限必要な脂肪まで取りすぎてしまい、逆に目の下がくぼんでさらに施術が必要になったという失敗ケースもあるようです。

ほかにも左右差が出た、よりたるみが目立ってしまった、という失敗も起こりえます。「やっぱりたるみ治療はちょっと…」と思うのは早いです!どれも対処法を知っていれば、防げるもの。ここでは、各失敗を避ける方法やたるみ取り治療にポイントを紹介しています。

目の下のたるみ取りのダウンタイムは?

治療を受けた後、どのような症状がどれくらいの期間出るのか気になりますよね。ここでは、目の下のたるみ取り治療のダウンタイムをまとめました。

ダウンタイムといっても、レーザー治療・美容注射・手術といった施術の種類によって異なります。各施術で想定される症状のほかに、術後に気を付けたいセルフケアのポイントもリサーチ。きれいな仕上がりの目元にするためには、施術をして終わりではなく術後のケアも大切です。

目の下のたるみ取りで腫れないために

施術の種類によって、腫れる可能性や期間は異なります。クリニックによって、腫れないために極細針を使用したり高周波レーザーメスを使用したりと、さまざまな取り組みを実施しているんです。それでも、体質で腫れやすい方がいるのも事実。症状に個人差はありますが、誰でも術後は腫れると認識しておきましょう。 症状をおさえるために、自宅でできるセルフケアを紹介しています。きちんとケアをしていれば、早くきれいな目元を手に入れられますよ!

内出血がイヤ…目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取りで、内出血がなぜ起こるのか原因や期間をリサーチしました。レーザー治療では内出血は起こりませんが、美容注射や脱脂術では針やメスを使うため、内出血が起こるリスクが高くなります。人によって症状の重さや期間は異なりますが、ずっと続くものではありません。

目安期間より長くなると手術をする必要がありますので、すぐ医師に相談することが大切です。一番は、内出血が起こらないこと。そのための治療法やクリニックの選び方もまとめています。

目の下のたるみ取りによって起こる合併症とは?

目の下のたるみ取りには、高い技術力を求められる施術があります。どのような施術でどのような合併症が起こりやすいのかまとめました。

悩みを解消したくて施術を受けたはずなのに、悩みが増えたなんてことは避けたいもの。事前に知っておきたい目の下のたるみ取りのポイントも紹介しているので、これから治療を受けたいと考えている方はチェックしてくださいね。

目の下のたるみ取りは料金にも注意!

目の下のたるみ取りの手術は、割引価格やキャンペーン料金などで提供している場合があります。しかし、料金の安さだけでクリニックを決めるのはNG。紹介している施術の料金相場を参考に、提供される施術の範囲・内容を把握してから施術を受けましょう。

他にも起こりがちな料金トラブルや、高額な費用を支払わないためのポイントをまとめています。甘い言葉に乗せられて損をしないよう、料金はきちんとチェックしておくことが大切です。

目の下のたるみ治療 みんなの不安をチェックしてみた

目の下のたるみ取りは大事な目に近いからこそ不安が大きく、二の足を踏んでしまいがち。同じような不安を抱えている人の口コミを参考にすることで、不安や疑問点を減らせます。

口コミと医師のコメント、アンサーをそれぞれ悩み別にまとめているので、自分の悩みと似たものがないかチェックしてみましょう。解決策を知っておくことで、万が一のことがあっても焦らず対処できます。

目の下のふくらみができる原因とは

目の下がたるんでいるように見える場合、実はたるみではなく目の下がふくらんでいることが原因かもしれません。目の下がふくらむと黒クマができ、より老けた印象になります。

できる原因と解決方法、放置したらどうなるかなどをまとめているので、施術を検討している方は参考にしてみてください。若々しい目元にするためにも、目の下のふくらみが気になっている方は一度確認しておくことをおすすめします。

目の下のたるみ【切らない治療】のリスクを教えて

切る治療に比べ、ダウンタイムが短いことがメリットとして挙げられる切らないたるみ治療ですが、とは言ってもまったくリスクがないわけではありません。医師の技術力や身体の状態によっては、術後に腫れやつっぱり感といった後遺症を引き起こす可能性もあります。

どんな治療においてもリスクはつきもの。自分の身体により適した施術を受けるためにも、起こりうるリスクをきちんと把握しておきましょう。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する