目の下のたるみ研究室
目の下のたるみ研究室 » 目の下のクマ・たるみ治療・症例ギャラリー » 脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例(30代女性)

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例(30代女性)

更新日:

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例写真(30代女性)

施術前 施術3か月後

引用元:セオリークリニック https://ameblo.jp/yusuke1117/entry-12270912423.html

引用元:セオリークリニック https://ameblo.jp/yusuke1117/entry-12270912423.html
施術前
引用元:セオリークリニック https://ameblo.jp/yusuke1117/entry-12270912423.html
施術3か月後
引用元:セオリークリニック https://ameblo.jp/yusuke1117/entry-12270912423.html

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入によるクマ治療の症例詳細

  • 患者の年代・性別:30代・女性
  • 術後写真の撮影タイミング:施術3か月後
  • 施術方法:脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入
  • 手術費用:350,000円(税抜)

症例患者の悩みと脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入の適応

30代の中でも目の下の膨らみがかなり大きい部類となり、ヒアルロン酸注入などのみでは改善が見られず、逆に不自然な仕上がりとなってしまうため、デザイン性の高い脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入が適しています。

目の下のたるみ・クマ治療で行う脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入とは

太もも・腹部から採取した脂肪を注入する「リポトランスファー」。脱脂術と組み合わせることで、より自然な仕上がりに期待ができます。採取した脂肪は、目の下の凹んだ部分に注入します。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入の種類別特徴

脱脂術

脂肪注入と組み合わせて行うケースの多い脱脂術では、術後の腫れなどのリスクを抑えるために、原則1カ所のみの刺入部による脱脂法がとられます。

さらに脱脂術には、高周波レーザーメスを使用。出血・手術痕・痛みといったリスクを極力抑えた脱脂術が採用されています。

リポトランスファー

セオリークリニックでは、目の下のたるみやクマ治療には脱脂術のみでなく「リポトランスファー」を組み合わせて施術を行うケースがあります。

リポトランスファーでは、目の下から頬にかけて凹みのある部位に脱脂術にて採取した脂肪を注入します。脱脂術のみではカバーできない、より自然な目の下のたるみ・クマの改善に期待ができる治療法です。

脂肪注入

「脱脂術+リポトランスファー」のほか、目の下の凹みが大きくみられる場合、脂肪注入も併せて実施されます。脂肪注入に使用される脂肪は、太ももや腹部などから採取。10cc程度と少量の脂肪を注入します。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入のメリット・デメリット

凹凸が原因となるクマの場合、十分に除去しなければ早期にたるみが発生しますが、多く除去してしまうことで目の下がくぼんでしまう原因にもなってしまいます。

リポトランスファーや脂肪注入を組み合わせた治療法は、この目の下のくぼみを抑えつつ、たるみを除去がおこなえる理論的な治療法であるといえます。また、足りない部分に脂肪注入することで、よりデザインにこだわった施術が可能です。

デメリットやリスクとしては、術後2~3日程度は軽度の腫れや痛みが残る可能性があります。そのほか、脂肪を採取した部位には1週間程、内出血が出ることがありますが、2週間程度で消失します。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による目の下のたるみ・クマ治療が適応するケース

余分な脂肪を除去し、目のくぼんだ部分に脂肪を注入しなおす「脱脂術+リポトランスファー」に加え、太ももや腹部から少量の脂肪を採取し注入することで、より理想に近い目元のデザインが可能となります。

目の周りの凹凸によって生じる黒クマや眼輪筋による赤クマ、どちらのケースにも適応する治療法となります。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入の副作用・注意点

注入した脂肪が完全に定着するまでには約1年ほどかかる傾向にあるため、最終的な手術結果は1年後となる点はあらかじめ認識しておきましょう。また、脂肪を採取した部位には内出血が出ることがあります。

術後2~3日は軽度の腫れや痛みが生じるケースもあります。施術回数は一回で施術完了となり、時間は両目で約2時間となります。

まとめ:脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入を行うクリニックの選び方

技術力をカバーするために大量の麻酔を使用するクリニックなども見られますが、麻酔の過度な注入をおこなうことで術後の腫れがひどくなってしまうケースがあります。痛みの出るポイントを見極め、適量の局所麻酔を実施しているクリニックを選びましょう。

そのほか、脱脂術はメスを使用する施術となるため、出血といったリスク回避がとられているかどうか、施術内容や治療器具は何を使用しているかなどをチェックしましょう。

リポトランスファーを詳しく見る

目の下のたるみ、クマの治療はセオリークリニック
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
相談はこちら