目の下のたるみ研究室
目の下のたるみ研究室 » 目の下のクマ・たるみ治療・症例ギャラリー

目の下のクマ・たるみ治療・症例ギャラリー

セオリークリニックにおける目の下のクマ・たるみ治療の症例

「クマ」や「目の下のたるみ」とひとえにいえど、適した治療法は年代や症状によって大きく変わるもの。セオリークリニックはこれまで、目の下のクマ・たるみ治療を中心に、オーダーメイドの美容医療を提供してきたクリニックです。

症状にあわせて脱脂術や各種脂肪注入法、ヒアルロン酸などを使い分け、腫れにくく、美しい仕上がりとなる治療方法を提案。多くの患者さんの悩みや要望に向き合ってきたクリニックです。

では、実際にセオリークリニックでは、具体的にどういった症例に対して、どのような治療方法を行ってきたのでしょうか。具体的な症例写真をもとにセオリークリニックにおける目の下のクマ・たるみ治療の症例をご紹介します。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例(40代女性)

目の下の黒クマや目の上のくぼみにより、目の周りがぐるっとくぼんで見えてしまうタイプ。こちらの症例では「脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入」が適応されました。

脱脂術+ピュアグラフティングによる赤クマ治療の症例(40代女性)

頬の脂肪が下がってしまったことにより、頬真ん中あたりまでへこんだ印象により生じる赤クマ。目の下のふくらみも見られるため、脱脂術およびピュアグラフティングによる治療法が採用されたケースです。

切る眼瞼下垂手術+脱脂術ピュアグラフティングによるクマ治療の症例(50代女性)

目の上の眼瞼下垂のための眼瞼下垂手術をメインで行った50代女性のケース。頬がさがってしまうことによる黒クマが生じていたため、プラスして目の下にも脱脂術とピュアグラフティングが適応された症例です。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例(30代女性)

30代の中でも目の下の膨らみがかなり大きい部類であった30代女性の症例。デザイン性の高い脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入が適応されました。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入による黒クマ治療の症例(20代女性)

疲れによるクマではなく顔や目元の形が原因である20代の黒クマ。脱脂および脂肪注入にて目元の形を整える必要があった症例です。

ヒアルロン酸注入によるクマ治療の症例(20代女性)

頬のボリュームアップが不可欠であったこちらの症例では、患者本人の希望からヒアルロン酸注入法による治療を実施。患者本人の希望にも応えられる治療法で対応したケースです。

脱脂術+リポトランスファーによる黒クマ治療の症例(30代女性)

目の下のふくらみにより、眼窩脂肪が突出。そのすぐ下に出来る影が黒クマとして目立ってしまっている状態であったこちらのケースは、脱脂および脂肪注入にて目元の形を整える治療法が選択されました。

脱脂術+リポトランスファーによる赤クマ治療の症例(20代女性)

赤クマと黒クマの両方が見られ、凸凹の激しいクマであった20代女性のケース。脱脂術+リポトランスファーは、目の下のふくらみにより眼輪筋が押し出されていることが主な原因となる黒クマや赤クマに有効であるといえます。

脱脂術+ピュアグラフト脂肪注入による赤クマ治療の症例(50代女性)

眼窩脂肪の突出が目立つほか、赤みを帯びた状態で赤クマと黒クマの症状が見られた症例。不要なふくらみを除去する脱脂術、および脂肪のたるみを改善させるピュアグラフティングの組み合わせが適しています。

脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入によるクマ治療の症例(男性)

眼輪筋を含む皮下組織の緩みが原因として生じた男性のクマの事例。このタイプの症例は脱脂術のみで改善するのは難しく、脱脂に脂肪注入を組み合わせた治療方法が適しています。

目の下のクマ・たるみ治療のリスク・副作用をチェック

目の下のクマやたるみの治療は脱脂術や脂肪注入を伴うため、ダウンタイムや腫れ、内出血などを伴う可能性があります。

施術方法によって多少異なりますが、ダウンタイムはおおよ2~3日程度、軽度の腫れや痛みが残るほか、場合によっては違和感が3~5日続く場合もあります。

また、脂肪注入治療において、脂肪を注入した部位には内出血が出る可能性がありますが、一般的に1~2週間で消失します。

治療方法によっては脂肪注入による最終的な手術結果は1年後となるケースもあります。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
相談はこちら