【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 男性の目の下のたるみ » 【男性向け】目の下のたるみ・クマ改善方法

【男性向け】目の下のたるみ・クマ改善方法

同年代の男性と比べて「目の下のたるみが気になる・クマも目立ってきた」とお悩みの方に向けて、このページでは原因やケア方法などを紹介します。

目の下のたるみ+クマが与える印象

男性の傾向として、もともと目の下にふくらみがあり、加齢でふくらみやたるみが強調されやすいそう。テレビや映画で見かける俳優のように、年齢を重ねて目の下のたるみが渋みを引き出してくれる可能性はあるでしょう。ですが、「実年齢よりも上に見られる」と悩んでいる方が多いようです。

営業職や接客業など、ビジネスシーンで第一印象は重要視され、服装だけではなく表情も印象を大きく左右します。「疲れている?やる気あるのかな?」「体調管理ができていない?」と、無駄な不安感を与えるのは避けたいですよね。

クマの原因は?影に見えるのか・皮膚が暗い色なのか

ひとえにクマと言っても、目の下のたるみクマには3種類のタイプがあります。

暗く見えるタイプのクマなら、たるみやふくらみを取り除いて目元の形を整えると、クマが改善する可能性が高くなります。赤クマや茶クマまたは混合タイプであれば、たるみやふくらみを取り除くだけではクマが改善しないかもしれません。

それぞれ原因が異なりますので、クマの状態に合わせたケアが大切です。

すぐ実践できる!セルフケア

女性でしたら、メイク道具のひとつコンシーラーを使ってクマ隠しをする方法があります。メイクに抵抗がない方は、コンシーラーを使用するのもひとつの手。

「ちょっとメイクは…」という方は、食生活やスキンケアを見直しましょう。

黒クマ編

加齢によるたるみやふくらみがあって影に見える場合、食生活やマッサージなどのセルフケアだけでは改善が難しいでしょう。

目の下だけではなく頬のふくらみ具合もたるみに影響するので、「クマ」のみ注力せず顔全体を見る必要があります。クリニックで医師に相談し、たるみやふくらみを取り除く方法を選んだほうが良いと言えます。

赤クマ編

血行不良が原因のひとつなので、目元の血行促進を促すと解消できる可能性が高くなります。

すぐ実践できる方法は蒸しタオルです。目元を温めることで、血の巡りをスムーズにしてくれます。一時的なケアのため、食生活で血行促進につながる食材を取り入れると良いでしょう。

ビタミンE

毛細血管を広げる働きがあり、血行を促進させる効果が期待できます。

食材:ナッツ類、かぼちゃ、モロヘイヤ、ウナギのかば焼きなど

アントシアニン

ポリフェノールの一種。紫外線から目を守るほかに、眼精疲労の改善にも効果が期待できます。

食材:ブルーベリー、カシス、黒豆、ナスなど

カシス

タミンやアントシアニンが豊富。血流を良くし、疲れ目を軽減したりクマの改善へと促してくれます。

茶クマ編

色素沈着は、肌の生まれ変わるサイクルが乱れることで引き起こされます。スキンケアやフェイスマッサージで肌の環境を整えましょう。

スキンケア

ビタミンC誘導体やセラミドなど、美容成分が含まれた化粧水でしっかり保湿しましょう。

フェイスマッサージ

目の周りは皮膚が薄いため、目をこすりすぎると摩擦によって色素沈着を招く可能性が高くなります。強くマッサージせず、クリームやオイルを使用してなぞるようにします。

元から改善するなら美容クリニック

肌の状態やたるみ具合によってはセルフケアで改善できる可能性はありますが、どうしても時間はかかります。目の下のたるみとクマが強いと、セルフケアでは改善が難しいでしょう。

元から改善するなら美容クリニックで医師の診断を受け、たるみやふくらみを取り除く施術を受けた後にクマ治療を行う方法が適していると言えます。

セルフケアが面倒・自信がないという方は、メンズエステや美容クリニックのフェイシャルケアを試してみるのも良いですね。身だしなみを整える手段として利用する男性は少なくありません。

実際に治療して、見た目の印象が変わった男性の体験レポートを紹介しています。同じ悩みを持つ方がどう変わったのか、気になる方はチェックしてみてください。

39歳男性の目の下のたるみ治療
体験レポを見る

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室

目の下のたるみによるクマを改善するためには、まずクマの原因を把握することが大切です。

「クマに見える」だけかもしれませんし、「クマがある」かもしれません。ビジネスで相手への印象を左右する顔。男性は女性と比べてまわりへ相談しにくいかもしれません。悩みを一人で抱えず、専門の医師に相談してはどうでしょうか。人には言えないことでも、医師なら言えるはずです。

セルフケアで改善できるのか、施術を受けた方がいいのか、症状に合った方法を選びましょう。

目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する