【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 男性の目の下のたるみ

男性の目の下のたるみ

男性の目の下のたるみとは

目の下のたるみは、大きく2つのパターンに分けられます。

人によっては複合した状態で、たるみとして現れることも。女性のようにメイクで印象を変えられないため、男性は目の下のたるみが目立ちやすいといえます。原因やたるみが与える印象について、詳しく説明していきますね。

加齢が大きな原因です

目の下にたるみが生じる原因は女性も男性も同じ。主に加齢が影響しています。年を重ねると、眼輪筋とよばれる目の周りの筋肉が衰えるほか、眼球を支えている靭帯が弱ります。

その結果、眼球を支えられなくなり、眼球の重さで下に沈んでしまいます。眼球が目の下の眼窩脂肪を圧迫することで脂肪が前に押し出されてしまい、たるみとして現れるのです。眼窩脂肪は加齢と共に増加する傾向にあることから、目の下のたるみも加速することになります。

加齢により皮膚がハリを失うのも、たるみの原因に。一般に、男性の肌は女性の肌と比べて皮膚が厚く、コラーゲンやエラスチンといった肌にハリを与える成分が多いことから、女性よりもたるみにくいといわれています。

しかし加齢とともに肌の水分が減ると、一気にたるみが表面化することに。日常のケアを忘れがちな男性は、30代後半からたるみが目立つようになります。

【男性向け】目の下のたるみ・クマ改善方法

女性がお化粧でカバーするように、メイクでクマをカバーする男性も増えているようです。しかし、メイクをしていない方が圧倒的に多いのではないでしょうか。最近では「仕事での印象をよくするため」という理由でクリニックに通院する方男性も多いようです。女性からモテるだけでなく、仕事でも印象がよくなるのなら、目の下のたるみをほっとく訳にはいきません。

クマや目の下のたるみは「疲れている」「老けて見える」「意欲がなさそう」という印象を与えます。一方で、クマやたるみがなくスッキリとした目元になると、自然と若々しい印象になります。「明るい」「元気に溢れている」といったイメージになり、回りの人たちからも好印象を持たれるでしょう。

セルフケアを知るのも男の役目

目の下のたるみは、眼輪筋の衰えが原因のひとつ。眼輪筋を鍛えることで、たるみ軽減効果が期待できます。

眼輪筋を鍛えるエクササイズは実にさまざま。目をしっかりと閉じる・眉を上げて目を大きく開く、という動作を繰り返したり、目を上や下に動かしたりするだけといった、簡単なトレーニングばかりです。

目の周りとあわせて口と頬の筋肉をきたえると、より早く目の下のたるみを改善できることも。顔全体を覆う表情筋は皮膚とつながっているため、表情筋を鍛えることで顔全体の皮膚が引き締められ、たるみの改善が期待できるのです。すっぱいものを食べたときのように、目を細めて口をすぼめた状態を作り、口を大きく開けて10秒キープしてみましょう。目元の筋肉を意識して動かすのがポイントです。

エクササイズの後に、目の周りをマッサージすると血流が促され、ハリのある目元に導くといわれています。目の周りの皮膚は薄く繊細なので、力を入れすぎないようなでるようにマッサージするのがコツです。目尻→目の下→目元→目の上→目尻の順でやさしくマッサージしましょう。アイクリームやオイルを併用すると皮膚の摩擦を防ぎ、保湿にもなります。

ただし、マッサージもエクササイズも正しいやり方をしなければ、逆効果になります。また、たるみの原因によってはマッサージそのものが意味をなさない(時間の無駄遣い)ことも。目の下のたるみの専門医に聞いた記事も、ぜひ参考にしてください。

医師に聞いた
目の下のマッサージの基本

男性向けのたるみ消し化粧品

男性向けのたるみ消し美顔器

目の下のたるみ・クマ改善に
ついて詳しく見る

メスを使わない施術

高周波(電気針)治療

メスを使わずに治療できるので、外科手術に不安を感じる人にもおすすめの方法です。針を刺す前に麻酔クリームを使用したり局所麻酔を使用したりするため、痛みを抑えることができます。

麻酔はクリニックによって使用する種類や価格が異なるので、気になる人は事前に確認するとよいでしょう。施術が比較的簡単な一方、効果には個人差があります。

超音波治療

高周波治療が脂肪を減らしてたるみ改善を目指すのに対し、超音波治療は筋膜を刺激して収縮させることにより、リフトアップ効果を促します。1回の照射で半年ほどかけて徐々に効果を発揮、1年ほど効果を感じられるのがメリット。ダウンタイムが比較的短いのも魅力です。

たるみ改善効果が高い外科手術

下眼瞼脱脂術(かがんけんだっしじゅつ)

眼窩脂肪を結膜部分から摘出する施術です。切開部分が表から見えないため、表面に傷跡を残さないのが最大のメリットと言えます。
術後の腫れがあまり目立たないのも、下眼瞼脱脂術の魅力の一つ。皮膚を傷つけずにたるみを取りたい人にはおすすめです。

下眼瞼除皺術(かがんけんじょすうじゅつ)

たるみが生じて余った皮膚を切除する方法です。下まつ毛の下部分を切りとって縫合するため、抜糸するまでは糸が見えたままなのがやや難点。たるみを取る効果は高いものの、腫れが引くまでには時間がかかります。

眼窩脂肪が多く皮膚のたるみも目立つ人は、下眼瞼脱脂術と下眼瞼除皺術を併用する場合も。目の下のたるみ改善に、大きな効果が期待できます。

ハムラ法

眼窩脂肪による目の下のたるみに加え、たるみの下部分にへこみができている人に対応した施術。取り除いた眼窩脂肪をへこみの位置に移動させ、固定することで、目の下から頬にかけて滑らかなラインを形成します。

目の下の皮膚がたるんで余っている場合は、併せて皮膚の切除も行います。

脱脂術+リポトランスファー

眼窩脂肪を除いてたるみをなくし、目の下と頬の境にあるへこみに注入することで肌を均一にならす方法。取り除いた脂肪に特殊な処理を行うことで、頬の中に注入した後の脂肪が定着しやすくなり、自然になじむのが特徴です。

経験豊富な医師による高度な技術によって、目の下から頬のラインを自由にデザインできるのがこの施術のメリットと言えます。

脱脂術+ピュアグラフティング

眼窩脂肪を取り除いて目の下のたるみを除去する点は、ほかの脱脂術と同じ。目の下と頬の境にあるへこみを消すために特殊処理した脂肪を注入するのが、この施術の特徴です。

脂肪は大腿や腹部から少量採取し、不純物を取り除いたもの。炎症を起こしにくいほか、目元から頬に続く滑らかなラインを維持する効果が高いというメリットがあります。

脱脂の方法について
詳しく見る

リポトランスファーについて
詳しく見る

ピュアグラフティングについて
詳しく見る

男性でも行きやすいクリニック選びのポイント

下まぶたの施術は美容医療のため、美容クリニックを受診するのは勇気がいるという男性もいるでしょう。ここでは、男性でも通いやすいクリニックの選び方を紹介します。ポイントは、ずばり下記の6つです。

同じ美容クリニックであれば、男性の施術に慣れたところを選びたいもの。悩みを気軽に相談できるようなクリニックが理想です。痛みについては、女性よりも男性の方が感じやすいと言われているため、麻酔の有無や特徴などをあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

目の下のたるみを改善する施術は、美容外科手術の中でも高度な技術と経験が必要です。男性の症例写真がきちんと掲載されているか、ドクターがその施術のスペシャリストかどうかを確認するだけでも、自分が希望するクリニックを絞り込むことができるでしょう。

まとめ

目の下のたるみは加齢による影響が大きいことから、セルフケアだけでは限界があります。エクササイズや化粧品によるケアは、あくまでも予防レベル。根本的に改善したいのであれば、美容クリニックで施術を受けるのがよいでしょう。

施術の方法や効果、費用はさまざまなので、興味がある人は一度美容クリニックに相談することをおすすめします。

       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する