【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » たるみの治療の名医:筒井裕介先生にインタビュー! » 監修クリニック紹介 » セオリークリニックがこだわる「S字カーブが美しくなる目の下のたるみ治療」

セオリークリニックがこだわる「S字カーブが美しくなる目の下のたるみ治療」

セオリークリニックでは目の下のたるみ治療の際、自然なS字カーブになるように「脱脂術+リポトランスファー」を推奨。ここでは頬から涙袋にかけて美しいラインにする施術方法を紹介しています。

脱脂術+リポトランスファー

S字カーブとは、目の下から頬にかけてのラインのこと。若い方なら目の下から涙袋がふくらむだけで、頬にかけてなだらかになっています。一方目の下にたるみがある方は、涙袋とたるみ・くぼみで二重に凸凹ができてしまうのです。

セオリークリニックがたるみ治療で何より大切にしているのは「S字カーブの凹凸を改善すること」。目の下のふくらみを取るだけなら脱脂術だけでよいのですが、へこみは改善されません。そこで、脂肪やヒアルロン酸を注入するリポトランスファーも実施。凸凹の少ない、ぷっくりとした若々しい印象の目元にしてくれるでしょう。

たるみ治療でナチュラルなS字カーブを目指す
セオリークリニックのこだわり

眼窩脂肪を調整し、たるみとおさらば

たるみの原因は、眼球のクッションとなる眼窩脂肪(がんかしぼう)。はじめは眼球を覆うように存在していますが、年齢を重ねるごとに下へ押し出されて、たるみとなってしまいます。

目の下のたるみを無くす施術は、眼窩脂肪の出っ張りを減らす脱脂術から始まります。下まぶたの裏側を小さく切開したあと、余計な脂肪を取り出す施術です。高周波レーザーで脱脂に必要最小限の4mmだけ切開するので、負担も小さく押さえられるのが嬉しいポイント。

たるみの原因である、押し出された眼窩脂肪とおさらばでき、目の下がすっきりします。

リポトランスファーで目の下のくぼみをなだらかに

たるみがなくなっても、くぼみがあると若々しい印象にはなりません。そこでリポトランスファー(脂肪・ヒアルロン酸注入)をプラス。くぼんだ部分をボリュームアップして、美しいS字カーブをつくります。

頬の脂肪が下がってしまうこともたるみの一因です。若いうちは肌の繊維質や筋組織で頬がふっくらしていますが、年を取ると支える力が弱くなり、だんだんと下方に移動していきます。頬の脂肪が下にいくことにより、目の下にくぼみが発生し、老けた印象を持たせてしまうのです。

たるみとくぼみの両方を改善させて、なだらかで自然なS字カーブを実現すれば、パッとした印象の顔になれますよ。

悩み・症状に合わせてS字カーブを自然に仕上げる

セオリークリニックでは、1人ひとりに合わせてナチュラルなS字カーブをつくってくれます。

人によって目のたるみ・くぼみの症状や悩みはそれぞれ。「若々しくなりたい!」という目的が同じでも、眼窩脂肪をどれくらいとるか・脂肪注入はどれくらいがベストなのかは変わってくるのです。取る量・入れる量を間違えてしまうと、へこみやふくらみが起こり違和感が生まれます。ちょうどいい量を見極めるために、座った状態でたるみ治療を行うのもセオリークリニックならではの特徴でしょう。

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する