【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを即効隠す! あれこれコラム » ファンデーションで隠す

ファンデーションで隠す

目の下のたるみを隠すならベースメイクを丁寧に行なう必要があります。

肌を整えずにたるみを隠そうとファンデーションを塗っても、のりが悪いのでキレイに仕上げることはできません。

ベースメイクに必要なアイテムやファンデーションを塗るタイミングを紹介しているので、目の下のたるみをファンデーションで隠したいと思っている方は必見です。

ベースメイクに必要なアイテム

目の下のたるみを隠すにはベースメイクが重要です。

基礎がきちんとできていないと、いくら上塗りしても意味がありません。ベースメイクに必要なアイテムをまとめたのでご紹介します。

目の下のたるみを隠すベースメイク一覧

  1. 高保湿美容液
  2. ベースクリーム(下地)
  3. ファンデーション
  4. ハイライター
  5. フェイスパウダー
  6. コンシーラー

必須ではありませんが、しっかりとたるみを隠したいなら持っておきたいアイテムです。

それぞれを上手く使うことによって、目の下のたるみを自然にカバーすることができます。

ベースメイクの手順

ベースメイクをきちんと行なっていると、肌が整うのでアイラインやアイシャドーののりが全く違います。アイメイクがキレイにのると目の下のたるみを違和感なく隠すことができるので、正しいベースメイクの手順をしっかり押さえておきましょう。

ベースメイクの手順をチェック

ベースメイクの手順を見ていきましょう。

1.保湿で長時間キレイな状態をキープ

かさかさの肌にメイクをしてもお粉が浮いてきて化粧崩れを起こしやすくなります。

化粧崩れを防ぐには、肌の保湿力が大切。乾燥しやすい方は、高保湿美容液を目の下にやさしく叩き込んで保湿力を高めましょう。

2.たるみ隠しの肝になるベースクリーム(下地)

ベースクリームは多めの量をつけてください。顔全体にしっかりと塗って、余ったらスポンジでやさしく取り除きましょう。

ベースクリームの量が少ないと保湿が足りなくなって、化粧崩れを起こす原因となります。

塗り忘れがないように額・両頬・鼻先・アゴにベースクリームをのせて、手で馴染ませてください。

ベースクリームはファンデーションとの密着力を高めるので、仕上がりを美しいままキープできますよ。

3.ファンデーションは2色が基本

目の下のたるみを隠すポイントは、1色だけでなく2色のファンデーションを使うこと。

ただ気を付ける点は、顔全体に2色を塗るのではなく、特定の部分に重ね付けすることです。

まず顔全体にのせるファンデーションよりワントーン明るいリキッドファンデーションを、眉下から鼻の真ん中まで塗ります。

その後にもう1色のファンデーションを重ねます。2色重ねると顔全体が明るくなり、目の下のたるみをカバーできますよ。

ファンデーションを塗ったら指の腹でしっかりと馴染ませてください。伸ばす際は時間をかけずに素早く行ないましょう。

4.ハイライターで光を飛ばして美しく

ファンデーションを塗ったら、パール入りのハイライターを額と鼻筋のTゾーンに入れてください。

目の下にもプラスすると光を飛ばしてくれるので、目の下のたるみが隠せます。

さらに上まぶたにほんのりとのせると、くすみが取れてより顔全体が明るくなるのでおすすめです。

5.仕上げのフェイスパウダーで柔らかさをUP

フェイスパウダーをスポンジでもみ込んだら、顔全体がヴェールを被ったように柔らかくなります。

ポイントは頬や額の広い部分から馴染ませること。肌の表面をやさしく撫でると、ふんわりとした仕上がりになります。

がっつりすると濃い印象を与えてしまうので、フェイスパウダーは軽くつける程度にしましょう。

6.コンシーラーでピンポイントに目の下の影をぼかす

ベースメイクができたら最後にコンシーラーをピンポイントに塗っていきます。

ベースメイクである程度は目の下のたるみが隠れているはずなので、気になる部分にピンポイントでコンシーラーを使いましょう。

ピンポイントではなく全体的にコンシーラーを使いたい場合は、少し手順が違ってくるので確認してください。

ベースメイクの基本!ファンデーションを塗るコツ

ファンデーションにはパウダーやリキッドなど、さまざまなタイプのファンデーションがあります。

塗るときにつかう道具はファンデーションの種類によって変えたほうが、より高い効果を発揮しますよ。

ファンデーションをキレイに塗るコツとして、ファンデーションタイプ別おすすめの道具を紹介します。

パウダーファンデーション

お粉のファンデーションはスポンジがおすすめ。

スポンジは細かい部分もムラなく塗れるので、しっかりとカバーしてたるみを隠します。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションには、ブラシとスポンジがおすすめ。

ブラシで一気にファンデーションをつけて、スポンジで馴染ませるとキレイな仕上がりになります。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室
目の下のたるみを隠すためにベースメイクを丁寧に行なうのは、手間がかかる大変な作業です。ですが、ベースメイクの良し悪しで相手に与える印象は全く違います。目の下のたるみを放っておくと老け顔の印象をもたれてしまうので、若々しく明るい顔色に見せるためにも、ベースメイクは手を抜かずにきちんと行いましょう。
目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する