【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを即効隠す! あれこれコラム » ポイントメイク(アイメイク・チーク・リップ)

ポイントメイク(アイメイク・チーク・リップ)

年齢とともに目の下のたるみがどんどん目立ってきてしまい、必死に隠そうとアイメイクをしてもなかなか隠せずお困りの方は少なくないでしょう。

たしかにメイクで目の下のたるみを隠すにはアイメイクは効果的ですが、正しいメイク手順と使うべきアイテムがわかっていないと、たるみを上手く隠すことはできません。

ここではアイメイクのポイントや、たるみ隠しにおすすめのチークとリップのメイク方法について紹介しています。

カバー力の高いアイメイクの方法

アイメイクの方法をほんの少し変えるだけで、目元のたるみを隠すことができます。

アイメイクの必需品である「コンシーラー」「アイシャドー」「アイライナー」「マスカラ」の4点で抑えておきたいポイントを紹介します。

コンシーラーで全体をカバー

コンシーラーを塗らずにアイメイクを行なってもキレイに発色しないので、アイメイクを行なう前にコンシーラーを塗ってくすみをとりましょう。

下準備をきちんとしておくと、アイシャドーの発色が良くなってキレイな仕上がりになります。

アイシャドーはナチュラルカラーを選ぶ

目の下のたるみを隠すにはアイシャドーが有効です。

しかし、選ぶ色を間違えるとたるみを隠すどころか、より目立たせてしまうおそれがあるので要注意。

アイシャドーは派手な色ではなく、落ち着いたナチュラルカラーを選びましょう。

パールを入れるとメリハリがついて、ぱっちりとした目元になります。塗り過ぎは良くないので、さっと色をのせるのがポイントです。

アイライナーは使い分けがポイント

アイライナーはリキッドとペンシルの2タイプを使い分けましょう。

下まぶたにリキッド、上まぶたにペンシルを使うと自然な目元を演出できます。

色はブラウンがおすすめ。ブラウンの柔らかい色を目元に入れることで、目力をアップさせる効果があります。

目頭にマスカラを多めにつける

年齢を重ねるごとに目尻がたるみによって下がります。目尻が下がると目の間隔が狭く見えてしまい老け顔の印象に…。

目頭にマスカラを多めにつけて、目の間隔を狭めましょう。

チークで隠す

目の下のたるみを目立たなくさせるなら、アイメイクだけでなくチークも重要です。

チークを上手く使うとポイントメイクとして映えるだけでなく、たるみによって目元に落ちた影をぼかすことができます。

チークをのせる手順をしっかりと確認しておきましょう。

チークの塗り方

  1. 1.目の下のたるみによってできた影の境目に、クリームタイプのチークをふんわり丸くのせます。
  2. 2.肌に馴染ませるため、チークの輪郭をスポンジでぼかします。
  3. 3.黒目の下から斜め上にパウダーチークをのせます。

チークをハイライトのようにのせることで、凹凸のあるはっきりとした顔立ちになります。

メリハリのある顔に仕上げると、目の下のたるみが目立たなくるのでチークは積極的に取り入れると良いですよ。

ただし、チークはたっぷりつけるのではなく、ほんのり入れてください。

がっつり入れてしまうと、目元のたるみによってできた黒クマとの対比でよりたるみが際立って見えてしまうおそれがあります。

チークはあくまでハイライトを狙うものです。ハリのあるお肌に見せる効果が期待できます。

おすすめのチーク色はオレンジ

目の下のたるみを隠したいなら、オレンジのチークがおすすめ。

日本人の肌にオレンジのチークは馴染みが良く、肌が映えやすい色です。

ベースをオレンジにして差し色でピンクを混ぜると、顔全体の印象をグッと変えることができます。

まずはオレンジを用いて自分のお肌に合ったチーク色を見つけて、目の下のたるみを隠しましょう。

リップで隠す

本来リップは唇に使うメイクアイテムですが、目の下のたるみ隠しにも利用できます。

リップでたるみを隠せる理由は、たるみの原因でもある黒クマです。

年を重ねると年齢とともに目の周りを囲む眼輪筋(がんりんきん)が衰えてしまい、涙袋の部分が前に出てきて目の下のたるみに繋がります。

たるみによって影ができて黒クマが発生。リップは黒クマを薄くするにはもってこいのアイテムで、黒クマに塗るだけで目の下の影が改善されます。

影が薄くなると目の下が引き締まったように見え、たるみをあまり感じません。

たるみを強調する黒クマをリップで隠す方法を一緒に確認しましょう。

黒クマを薄くするメイク方法

  1. 1.普段通りにベースメイクを行ないます
  2. 2.口紅か赤リップをクマに塗ります。
  3. 3.赤リップを塗った上に等間隔でコンシーラーを塗ります。
  4. 4.指の腹でやさしく叩いて肌に馴染ませます。
  5. 5.仕上げにスポンジでムラなく伸ばします。

クマを隠した後ファンデーションを薄くのせると、より美しい仕上がりになります。厚塗りにならないように、ファンデーションはあくまで薄くのせてください。

リップを利用する際の注意点

唇に使っているリップを目の下に使うときは、指でやさしく塗っていきます。

リップを直接目の下に塗ってしまうと、誤って目に入る危険もあるので注意しましょう。

唇用とアイメイク用に分けておくと、衛生面も良いのでなるべく分けてご利用ください。

アイメイクのコツ

目の下のたるみをアイメイクで隠すなら、全体的に薄い色味のアイテムを使いましょう。

薄い色味は自然な仕上がりになるほか、濃い色と混ぜて自分にあった色をつくりだすこともできます。

メイクの色味によって与える印象はおおきく変わるものなので、より自然に見える色を見つけてください。

自分にあった色を見つけたら、効果を最大限活かすための下準備を行ないましょう。

アイメイクの前に目元を保湿したり、血色を良くするためにマッサージをしたりすると、アイメイクが映えるのでおすすめです。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室
目の下のたるみを隠すには効果的なアイメイクですが、やり方を間違えると余計にたるみを目立たせてしまう危険があります。正しいメイク方法やメイクアイテムの色など、たるみを隠すポイントをしっかりと抑えておきましょう。目の下のたるみが原因で目元にできた影を隠そうと、メイクは明るく濃い色を選びがち。肌に馴染みやすいオレンジをベースとした色を自然に取り入れると、メリハリのある顔立ちになってたるみが目立たなくなりますよ。
目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する