【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを即効隠す! あれこれコラム » 目の下のたるみケアに役立つクリーム選びのポイント

目の下のたるみケアに役立つクリーム選びのポイント

化粧品クリーム

見た目年齢を高くする原因となる「目の下のたるみ」をケアするには、専用のクリームを使用するのがおすすめです。早めにケアするほど効き目を実感しやすくなるので、目の下のたるみが気になり始めたら早めにお手入れをスタートしましょう。

目の下のたるみを引き起こす3つの原因

目の下がたるんでしまう原因としては、主に3つの要素が挙げられます。心当たりがないかどうかチェックしましょう。

1.加齢によるコラーゲンなどの生産量の減少

目元のハリは、真皮層を構成するコラーゲンやヒアルロン酸によって維持されています。しかし、これらの成分は加齢とともに生産量が減少。そのため、年齢を重ねると目の下がたるみやすくなります。

2.目の酷使による老廃物の蓄積

PCやスマホの使いすぎにより目を酷使すると、目の周りの筋肉がこわばって、目元の血行が悪くなります。すると老廃物がたまりやすくなり、目の下のたるみも悪化してしまうのです。

3.紫外線による肌へのダメージ

紫外線は老化のもとと言われており、目の下のたるみとも密接な関係があります。紫外線にはUVAとUVBがありますが、前者は皮膚の弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンを生み出す「線維芽細胞」にダメージを与えます。また、後者は角質層のバリアを弱らせて乾燥を引き起こし、目元のうるおいを奪ってしまうのです。

クリームの種類や選び方

頑固な目の下のたるみをケアするには、どんなクリームを選べばよいのでしょうか?クリームの種類や選び方のポイントを紹介します。

1.原因に合った配合成分のクリームを選ぶ

クリームの配合成分は商品によって異なります。目の下のたるみの原因に合わせて、適切なものを選びましょう。たとえば加齢が原因なら、コラーゲンの合成を高めるのに役立つレチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどが有用です。

一方、乾燥が原因ならセラミドやヒアルロン酸、グリセリンといった保湿系の成分が入ったクリームを選ぶとよいでしょう。

2.伸びがよく塗り心地のよいクリームを選ぶ

目元の皮膚は薄くてデリケートなので、強く引っ張ったりすると目の下のたるみが悪化するおそれがあります。硬くて伸ばしにくいクリームだと塗るときに皮膚を引っ張ってしまいやすいので、柔らかく、伸びのよいクリームを選びましょう。

3.続けやすい価格帯のクリームを選ぶ

化粧品には即効性はないため、最低でも3ヵ月間は続けて使う必要があります。あまり高級な化粧品だと長く続けにくいため、予算のことも考えて継続しやすい価格帯のものを選ぶのがベストです。

正しいクリームの使い方はこの4ステップ!

化粧品クリームを使う女性

スキンケア商品は一般的に、油分の少ないものから使用していくと浸透率が高くなると言われています。クリームはスキンケア商品のなかでも多く油分を含んでいるので、化粧水→美容液→乳液→クリーム→フェイスクリームの順で使用するとよいでしょう。まずはこのポイントをおさえた上で、クリームの基本的な使い方について見ていきましょう。

1.クリームを温める

クリームの浸透率をアップさせるため、手の甲に適量を出したら指を当て、体温で少し温めます。

2.まぶたに置く

クリームを指に取り、上下のまぶたに適量ずつ置いていきます。一気にベタっと載せず、上下それぞれに3ヵ所ずつ点置きするのがコツです。

3.なじませる

薬指を使って、クリームを目頭から目尻に向かって優しくなでるようになじませます。薬指を使うのは指に力が入りすぎないようにするためです。

4.密着させる

指の腹で軽くおさえるようにしてクリームを密着させます。気になる部分には重ねづけするようにしましょう。

セルフケアで改善できない場合はクリニックに相談しよう

加齢や目の酷使などによる目の下のたるみはクリームを使って適切にケアすればある程度の改善を見込めます。ただ、目の下のたるみがひどいとセルフケアだけでは対応しきれず、思ったような結果が出ないこともあるでしょう。

もしクリームを使ったケアを数ヵ月続けてみて、あまり変化を実感できなかったのなら、目の下のたるみケアに特化したクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。クリニックでは専門的な治療や外科施術などを行うことで、より効率的に目の下のたるみにアプローチすることが可能となっています。

カウンセリングではより詳しい目の下のたるみの原因や、どんな施術が適切なのかなど、専門家ならではの見解や提案を行ってもらえますよ。

カウンセリングだけなら無料で行ってくれるクリニックも多いので、目の下のたるみで深刻に悩んでいるのなら、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

目の下のたるみ治療体験レポはこちら

               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する