【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医師監修見た目年齢をもっと若く!目の下のたるみ研究室

閉じる

【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室 【医師監修】 見た目年齢をもっと若く! 目の下のたるみ研究室
医が教える!
“あなたのたるみ”を改善する方法
           

顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみ。その解消方法は人それぞれ違います。これまでいろんな方法を試してきたけれど、なかなか改善しない、とお悩みのあなた。このサイトは、そんなあなたのための目の下のたるみの解決策がわかる専門メディアです。

目の下のたるみ研究室 » 目の下のたるみを即効隠す! あれこれコラム » コンシーラーで隠す

コンシーラーで隠す

目の下のたるみによって目元に影ができてしまうと、くすんでいるように見えて年齢を感じさせてしまいます。コンシーラーを使うとくすみをカバーできるので、たるみが引き締まったように見せることができますよ。

コンシーラーのカバー力を高めるためには、正しいメイクの手順で施す必要があります。色やタイプによっても効果が違ってくるので、自分にあうコンシーラーがどんなタイプのものか知っておくようにしましょう。

ここでは、コンシーラーの選び方や塗り方などをご紹介いたします。

コンシーラーの選び方

カバー力の高いコンシーラーは、目の下のたるみを上手く隠すことができます。

さっとひと塗りするだけで印象が変わる使い勝手の良いコンシーラーですが「スティック」「パウダー」「パレット」など、種類が豊富で何を選ぶべきか悩んでしまいますよね。

コンシーラーをどんな場面で利用するかによって、おすすめの色やタイプが変わるので、自分が改善したい部分をカバーしてくれるコンシーラーのタイプを知っておくことが大切です。

目の下のたるみによってつくられる黒グマの改善におすすめのコンシーラーを確認しましょう。

目の下のたるみを隠せるコンシーラー(黒グマタイプ)

  1. 色:ベージュ、オークル、パール
  2. タイプ:リキッド、クリーム

黒グマは脂肪のたるみによって引き起こされます。

ベージュやオークルといった肌に馴染みやすい色をのせるとカバー力が上がるのでおすすめです。

黒グマは色を重ねてごまかすのではなく、光を足してできた影を薄くするほうが、より高いカバー力を発揮します。

そのためパール感があるコンシーラーを使うと、くすみが消えて目元が華やかになるため目の下のたるみが引き締まったように見えます。

コンシーラーはバランスよく塗るのが「自然にみせる」コツです。

濃い色や塗り過ぎはかえって目元を目立たせ過ぎてしまうので、コンシーラーの色選びには気を配るようにしましょう。

コンシーラーの活かし方

コンシーラーのカバー力を最大限に活かすためには、コンシーラーを使う順番を意識する必要があります。

メイクをしていく中で、どのタイミングで使うべきか見ていきましょう。

コンシーラーを使うタイミング

コンシーラーを使うのは、目元の保湿をしっかりと行なった後です。

保湿をせずに乾燥している肌に使っても、十分なカバー力を発揮しません。

保湿の後は目の周りをマッサージして血行を良くしましょう。

下準備をきちんと行なうとコンシーラーのカバー力はより上がるため、目元が明るくなりますよ。

コンシーラーを使う順番

使っているファンデーションによって、コンシーラーを使う順番が変わります。

パウダーファンデーションの場合

  1. 下地
  2. コンシーラー
  3. ファンデーション
  4. フェイスパウダー

パウダーファンデーションの後にコンシーラーを使ってしまうと、お粉が伸びて目元のたるみやしわがよりくっきりと目立ってしまうおそれがあります。

パウダーファンデーションを普段利用している場合は、コンシーラーを先に使って、その後ファンデーションでコンシーラーを塗った部分を整えましょう。

リキッドファンデーションの場合

  1. 下地
  2. ファンデーション
  3. コンシーラー
  4. フェイスパウダー

リキッドファンデーションを使っているなら、ファンデーションの後にコンシーラーを使うのがおすすめ。

下地とファンデーションによって目元を整えられるので、コンシーラーが塗りやすくなりカバー力を最大限活かせます。

コンシーラーの塗り方

目の下のたるみにより目元に影が落ちて、黒グマができてしまったらコンシーラーの出番です。

リキッドコンシーラーとクリームコンシーラーを重ねて使うメイク方法をご紹介します。

  1. 1. 黒グマが一番ひどい部分にオレンジのリキッドコンシーラーを塗ります。
  2. 2.中指か薬指の腹でコンシーラーを叩き込んで馴染ませます。
  3. 3.ベージュのクリームコンシーラーをオレンジのコンシーラーの上に薄く塗ります。

自然な仕上がりを目指すなら、オレンジとベージュの色がおすすめ。

オレンジで黒グマの色素を中和させて、ベージュで肌色と質感を出します。

どちらの色も肌の色と大差ないので、違和感なく黒グマをカバーできます。

色を使いこなせると、自然なカバー効果を期待できます。

コンシーラーを塗るときに気を付けたいポイント

黒グマを隠すときにコンシーラーを目の際まで塗ってしまうと、不自然に見えてしまいます。

目の際まで塗らずに、目の真ん中を少し超えた辺りまでにしてください。このとき濃くならないように力加減に気を付けましょう。

濃く塗ってしまうとコンシーラーがよれて、シワのように見えるかもしれません。

一気に老け顔の印象を与えてしまうので、よれないように薄めに塗りましょう。その後にぼかすのも忘れないでくださいね。

リキッドコンシーラーは直接肌に塗っても問題ありませんが、クリームコンシーラーは量の調整が必要なので一度手の甲に出しましょう。

クリームタイプを直接塗るとよれの原因になるのでNGです。

目の下のたるみを隠すためのコツ

コンシーラーで目の下のたるみを隠すときに使えるコツをご紹介します。

やさしく叩き込んで色ムラをなくす

たるみをピンポイントで隠したい場合は、やさしく叩き込むようにコンシーラーを塗りましょう。

さっと塗るだけだとファンデーションと馴染まずに色ムラを起こすことがあります。

色ムラができてしまうと不自然な仕上がりになってしまうので、コンシーラーとファンデーションを馴染ませるためにやさしく叩き込んでください。

フェイスパウダーで効果を持続させる

コンシーラーは油分が含まれているので、表情筋やまばたきによって顔の表面に表れるようになります。

そこでおすすめなのがフェイスパウダーです。

フェイスパウダーは肌の皮脂に吸着するため、コンシーラーの上に重ねと持続時間が長くなります。

長い時間キレイな状態をキープさせるためにフェイスパウダーを使用しましょう。

目の下のたるみ研究室まとめコメント

目の下のたるみ研究室
コンシーラーはカバー力が高いので、たるみを隠すのにはぴったりのアイテムです。「リキッド」「クリーム」「パウダー」などタイプが色々とあるので、使う目的にあわせて使いましょう。目的にあったコンシーラーを正しい手順で塗ると自然な仕上がりになるだけでなく、その状態を長時間キープすることができます。
目の下のたるみ研究所
               
       
当サイトを監修してくださったセオリークリニックは、カウンセリングから施術、アフターケアまですべて筒井先生が責任をもって担当しています。目の下のたるみにお悩みの方は、是非相談してみてください。
筒井先生に直接相談する